エンターテイメントまとめサイト

楽しいブログを開設致しました! 是非、ご覧になって日常の生活にお役立て下さい!

楽しいブログを開設致しました!
是非、ご覧になって日常の生活にお役立て下さい!


日本テレビ水卜麻美アナ(35歳)が、5月17日に放送されたトーク番組「午前0時の森」(日本テレビ系)に出演。「私が気をつけ!で言う感じの結構偉い人」から、番組について「あれ面白いな!」と声を掛けられたと語った。

オードリー若林正恭が番組の反響について「ミトちゃん、日本テレビアナウンサーじゃない。評判はどう? 社員さんとかの反応。俺は聞けないじゃん」と尋ねると、水卜アナは「うちの会社のいい風潮なんですけど、『あれ見たよ』みたいなのをエレベーターとかで会った時に声をかけてくれる人が多くて、結構、言われます。この番組は。しかも、結構偉い人。私が気をつけ!で言う感じの人に『水卜、あれ面白いな!』って言われた」と答える。

若林自身も、歩いていて、たまに呼び止められて「あれ面白いですね」とか言われるが、どれだけ偉いポジションの方なのかがわからず気になることがあると語った。


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【水卜麻美アナ、「午前0時の森」は“結構偉い人”からも反響】の続きを読む



映画『ツユクサ』

 過去を抱えながらも「今」を生きる主人公五十嵐芙美(いがらしふみ)に、これから訪れるだろう幸せや希望を爽やかに映し出した、全国公開中の“大人のおとぎ話”映画『ツユクサ』。

 本作は小林聡美を主演に迎え、安倍照雄によるオリジナル脚本を、『愛を乞うひと』『閉鎖 病棟-それぞれの朝-』など、さまざまな視点から人生を描いてきた平山秀幸監督が映画化。旧知の仲である平山と安倍が10年以上あたため続けてきた人生賛歌の物語が誕生した。

 本作で、音楽を手掛けるのはこれまで100本以上の映画で音楽を担当してきた、映画音楽の匠・安川午朗。『八日目の蝉』(11)で日本アカデミー賞最優秀を受賞し、『凶悪』(13)では毎日映画コンクール音楽賞を受賞している実力派。『超光戦士シャンゼリオン』や、『仮面ライダー THE FIRST』など特撮作品の音楽にも取り組んでいる。

 平山秀幸監督とは、『OUT』(02)、『しゃべれども しゃべれども』(07)、『閉鎖病棟 -それぞれの朝-』(19)など、これまで7本の映画で音楽を担当しており、本作『ツユクサ』で8本目のタッグとなる。

 そしてこの『ツユクサ』でも安川に依頼した平山監督は、「今回は『ピアノ』と『ワルツ』でした」と、本作での音楽のイメージポイントを明かした。「午朗さんは作品を大きくとらえてくれます。悲しいときに悲しい音をとか、楽しいときに楽し気な音とかはありません。目先の事にとらわれた音を作るような真似は絶対にしません。大きな柱のあるダイナミックな音作りをしてくれます。何より彼の音楽は『カッコイイ』」と、全幅の信頼を寄せ、安川の映画音楽を大絶賛した。

 登場人物たちに寄り添うように、そっと優しく響く安川午朗の音のマジックが物語を彩る。

■安川午朗が音楽担当した平山監督作品リスト

『OUT』(02)、『魔界転生』(03)『レディジョーカー』(04)、『しゃべれども しゃべれども』(07)『やじきた道中 てれすこ』(07)、『信さん・炭坑町のセレナーデ』(10)『閉鎖病棟 -それぞれの朝-』(19)、『ツユクサ』(22)

ストーリー

 とある小さな田舎町で暮らす芙美。気の合う職場の友人たちとほっこり時間を過ごしたり、うんと年の離れた親友の少年と遊びに出かけたり、 ある日、隕石に遭遇するというあり得ない出来事を経験したり。そんなふうに日々の生活を楽しく送るなかで、ときおり見え隠れする芙美の哀しみ。彼女がひとりで暮らしていることには理由があって、その理由には“ある哀しみ”があって、そして草笛をきっかけに出会った男性と恋の予感も訪れて......。



(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【映画音楽の匠・安川午朗、映画『ツユクサ』で物語を彩る音のマジック】の続きを読む


🎤華原朋美、愛息を抱いて微笑む姿に心配の声「いつもトラブル」「男運がない」


華原朋美、愛息を抱いて微笑む姿に心配の声「いつもトラブル」「男運がない」
華原朋美(47)が16日、自身のツイッターを更新。投稿内容が話題となっている。

華原といえば先日、「ゴールデンウィークの温泉旅行️息子と温泉(省略)生まれてもう2歳️夢に描いた、絵に描いたような、幸せな気持ち生まれてきてくれてママのところに来てくれてありがとうね」とつづり、温泉旅行に訪れている写真を投稿。息子との入浴中の様子をアップする華原に対し、ネット上からは「温泉に髪の毛浸かってる。。」などの冷ややかな声が寄せられていたばかり。

そんな華原はこの日、「お仕事終わっておちびくんと会えた〜」とつづり、愛息を抱き抱えながら微笑む写真を投稿した。息子との癒し時間を過ごす華原にネット上からは「無理して赤裸々に状況発信しなくてもいいんじゃない?」「やっていることが支離滅裂」「いつも異性関係でトラブルを起こしている」「男運がないんだな」などのコメントが寄せられている。

華原は昨年8月にマネージャーで会社の社長を務める男性と結婚。最近では、妊活に励む様子などをSNSなどに投稿していたが、この男性の離婚歴やDV疑惑など、トラブル報道が持ち上がっている。華原が掴みかけていた幸せの行方はどうなってしまうのだろうか。
【日時】2022年05月18日 06:15
【提供】デイリーニュースオンライン

【🎤華原朋美、愛息を抱いて微笑む姿に心配の声「いつもトラブル」「男運がない」】の続きを読む

このページのトップヘ