デジタルマーケティングサービスを提供するGEM Partners東京都港区)は、「定額制動画配信サービス ブランド・ロイヤリティ調査 8月号」をもとに、定額制動画配信サービスYouTubeにおける露出戦略の分析結果を発表した。YouTube公式チャンネルでの動画配信サービスの7月再生回数ランキングで、最も多かったのは「Amazonプライム・ビデオ」で4000万回超だった。

【その他の画像】

 次いで2位は「ディズニープラス」で約1000万回、3位は「ABEMAプレミアム」で約700万回、4位は「Netflix」で約600万回、5位は「DAZN」で約500万回だった。「Amazonプライム・ビデオ」は、2位と約4倍もの圧倒的な差をつけ、1位となった。同サービスは6月のランキングでも1位で、YouTubeでの露出に積極的であることが分かった。

 2位以下には、「ディズニープラス」「ABEMAプレミアム」「Netflix」「DAZN」「dTV」(400万回)が入った。これらは6月のランキングでも上位を占めていた。「Amazonプライム・ビデオ」と合わせて、これら6サービスYouTubeの露出に積極的なようだ。

 テレビ局系のサービスである「Hulu」「Paraviパラビ)」「TELASA(テラサ)」「FODFODプレミアム)」の再生回数は少ないものの、調査によると、これらはテレビ番組での露出が多く、自社メディアの強みを生かした露出を優先しているためだとしている。

YouTubeで再生回数が多いのは?

 YouTubeを活用しているこれらのサービスのうち、どの動画の再生回数が多いか調査した。「Amazonプライム・ビデオ」「ディズニープラス」「Netflix」は、15秒~3分未満の予告編ブランド訴求、シーン動画が再生回数の多い動画だった。これらはテレビCMの露出も多いことが分かり、YouTubeも宣伝のためのチャンネルの一つとして活用している。

●「ABEMAプレミアム」「DAZN」「dTV」は?

 一方で、「ABEMAプレミアム」「DAZN」「dTV」の3サービスは、再生数上位の動画は全て3分以上の長い動画だった。「ABEMAプレミアム」はシリーズの1話目を丸々公開した動画、「dTV」はシリーズエピソード全ての動画、「DAZN」は試合の得点シーンなどのハイライトを編集した動画が上位に上がった。これらはコンテンツの中身を知ってもらう長尺・コンテンツ体験型の訴求としてYouTubeを活用していることが分かった。

 コロナ禍による外出自粛で、定額制動画配信サービスは大きな伸びを見せた。インプレス総合研究所(東京都千代田区)の調査によると、21年の有料動画配信サービスの利用率は25.6%で、2年連続で4ポイント以上増加したという。新しい生活様式が提唱される中、動画配信サービス市場の今後の動向に注目が集まる。

 今回の調査は、日本在住の15~69歳の男女を対象に、インターネット上で実施した。調査実施日は7月末、有効回答数は1万人弱。

定額制動画配信サービスのYouTubeにおける露出戦略は?(写真提供:ゲッティイメージズ)


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

ニコニコは?()


…番宣チャンネルばっかりでは?