いつもと違う吉岡里帆「”人と違うことは武器になる”と思えるようになりました」


NO.9851373
いつもと違う吉岡里帆「”人と違うことは武器になる”と思えるようになりました」
いつもと違う吉岡里帆「”人と違うことは武器になる”と思えるようになりました」
■お客さんが笑ってくれる時がめっちゃ嬉しかった

 2020年1月のことだ。新型コロナウィルス感染症が、じわじわと日常生活を侵蝕し始めたばかりの頃、吉岡さんは、池袋にある東京芸術劇場プレイハウスのステージに立っていた。イギリス演劇界を牽引する劇作家サイモン・スティーブンスが、自分の欲望を叶えるために悪魔と契約を結ぶ「ファウスト伝説」の舞台を現代のロンドンに置き換えた意欲作『FORTUNE』。演出のショーン・ホームズが、日本のクリエイターと組んで、世界に先駆けて幕を開けた作品である。上京する前、学生演劇にのめり込んでいた吉岡さんにとって、念願の舞台だった。

 「東京公演中に、劇団☆新感線のいのうえひでのりさんが観にきてくださったんです。それまで私はいのうえさんにお会いしたことがなかったんですが、終演後に、事務所の社長から、『いのうえさんが、(舞台を)一緒にやろうとおっしゃってたよ』と聞いて。そのときは、『嬉しいなぁ。いつか出られるといいなぁ』という感じで、まさか本当に呼んでいただけるとは思っていなかったです」

 『FORTUNE』は、東京公演が終わると松本と大阪を回ったが、最後の北九州では、初日は開いたが、28日以降の4公演は中止となった。4~6月は、緊急事態宣言のために中止になった舞台公演は多かったが、9月から10月にかけて、ケラリーノ・サンドロヴィッチさん作・演出の舞台『ベイジルタウンの女神』は、無事上演された。

 「緊急事態宣言が明けてすぐ稽古に入ったのですが、たまたまコメディ要素の強い作品で、お客さんが笑ってくれる時がめっちゃ嬉しかったです(笑)..
【日時】2021年09月19日 10:02
【ソース】現代ビジネス
【関連掲示板】







#7 [匿名さん] :2021/09/19 20:41

>>0
こんな*やったっけ?笑


#12 [匿名さん] :2021/09/19 21:33

>>0
俺の中ではこの歯茎で定着したよ


#8 [匿名さん] :2021/09/19 20:43

割とこいつのアンチ多いよな


#20 [匿名さん] :2021/09/19 22:29

>>8
醜い*やババア共が嫉妬した女がアンチ


#17 [匿名さん] :2021/09/19 22:23

この歯茎*誰?


#19 [匿名さん] :2021/09/19 22:28

>>17
どこに*がおるん?お前のことか?


#23 [匿名さん] :2021/09/19 22:53

>>17
🤣🤣🤣🤣🤣🤣🤣


#25 [匿名さん] :2021/09/19 23:03

俺の👧妹にソックリやイジメんといてな


#29 [匿名さん] :2021/09/19 23:54

>>25
妹紹介しろ


#27 [匿名さん] :2021/09/19 23:35

この子はバディーが素晴らしいから枕で生き残れる
熊田曜子や、ほしのあきのように。


#28 [匿名さん] :2021/09/19 23:37

>>27
体そこまでよくないが、可愛いから好き


#31 [匿名さん] :2021/09/20 00:48

どん兵衛のキツネ役だけが
異様にカワイイからくりはなんだ


#35 [匿名さん] :2021/09/20 06:48

>>31
耳と尻尾


#37 [匿名さん] :2021/09/20 09:56

>>31
そう?ユーアールの方が可愛い