山内健司

人気お笑いコンビかまいたちが10日、公式YouTubeチャンネルかまいたちチャンネル』を更新。本気で死にかけたという山内健司の爆笑エピソードが、ネット上で注目を集めている。

【動画】大学生の山内を襲った悲劇に濱家爆笑


■8万円かけて購入したもの

山内が、過去に三日坊主でやめてしまった趣味について、相方・濱家隆一に語っていく今回の企画。その一発目のエピソードとなったのが、競技用自転車として知られ、また性能や見た目のよさから幅広く愛用されているBMX。

大学生のときに自転車にハマり、8万円ほどかけて購入したというのだが、ハンドルを回したりウィリー(後輪走行)をしたり、ジャンプをしたりといった基本技が全くできなかったという。

それでも果敢にチャレンジしていく山内だったが、初日にして何度も転んでしまったそう。そうした中、ついに”事件”が…。


■何度か練習していたが…

あるとき、練習にうってつけの道を見つけた山内。そこは傾斜のある路面で、隣に伸びる道路がアンダーパスとなっていて数メートル下を流れているため、ジャンプをするだけでかなり高く飛んでいる気分になれたのだそう。

調子づいた山内は、何度かジャンプの練習をしていたのだが、操作を誤りガードレールに前輪が乗り上げてしまった。股間を強打したことによる激痛に加え、眼下にはアンダーパスが走っているため、後輪が少しでも浮けば車体ごと落ちてしまうという状態に。

■「ほんま死にかけてた」

結局、何事もなく路面に戻れたらしいのだが、当時を振り返り「ほんまこれ死にかけてたと思う」「もうちょい飛んでたら(下の)道路に落ちてた」と語る。

エピソードを聞きながら、「腹痛い」「実写化したい」と終始大笑いの濱家。視聴者からも「エピソードトーク面白すぎる」「生きてて良かったですね…」といった多数コメントが寄せられていた。


■3割「死にかけた経験ある」

しらべぇ編集部が、全国10〜60代の男女1,789名を対象に調査を実施したところ、全体で29.3%が「死にかけた経験がある」と回答。女性より男性に、顕著な傾向が見られた。

死にかけた

その後、今度は別の場所で、なんとBMXを盗まれてしまったという山内。「乗るな」という神様のお告げだと思い、以後は普通の自転車に切り替えたそうだ。


■大学生の山内を襲った悲劇に濱家爆笑

かまいたち山内、本気で死にかけた過去が話題に ガードレールに乗り上げ…


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>