松坂大輔、最後の登板は四球 観客へ「感謝」最速118キロの5球 肩、肘に注射打ち貫いたボロボロの美学


NO.9930232
松坂大輔、最後の登板は四球 観客へ「感謝」最速118キロの5球 肩、肘に注射打ち貫いたボロボロの美学
松坂大輔、最後の登板は四球 観客へ「感謝」最速118キロの5球 肩、肘に注射打ち貫いたボロボロの美学
 今季限りで現役を引退する西武の松坂大輔投手(41)が19日の日本ハム戦(メットライフドーム)に先発登板。日米通算377試合目の引退登板で、横浜高の後輩でもある日本ハム・近藤健介外野手(28)と対戦した。
 松坂は近藤に一礼してマウンドに上がった。日本ハム、西武のベンチ、そしてメットライフドームの観客も総立ちで見守る中、投じた第1球は118キロ。2球目にストライクを投じたが、その後は球が抜け、カウント3ボール1ストライクから大きな拍手の中で投じた最後の1球は、内角に大きく外れた。

 投球を終えた松坂は、日本ハムベンチに向かって、「ありがとうございました」と一礼。万雷の拍手を受けながら、ベンチへ下がった。晴れやかな表情で、会見で見せたような涙はなかった。

 試合前の会見で「本当は投げたくなかった。今の状態もあるし、どこまで投げられるか。もうこれ以上、駄目な姿を見せたくない。と思ってたんですけど、最後ユニホーム姿でマウンドに立つ松坂大輔を見たいと言ってくれる方々がいたので、どうしようもない姿かもしれないですけど、最後の最後、全部さらけだして見てもらおうと思いました」と話した松坂。その覚悟をボールに込めた。

 右手中指の感覚は今もない。「ボタンを締めるのにも苦労している」と話す。その中でも、キャッチボールを重ね、17日にブルペン入り。18日に1軍合流した。スポニチ本紙の取材に「トップの位置から投げ下ろす時に、感覚がフッと消える」と打ち明けるほどだ。だが、中日時代にお世話になった治療院でメンテナンスを行い、肩や肘に痛み止めの注射を打ってまで、マウ..
【日時】2021年10月19日 17:45
【ソース】スポーツニッポン







#7 [匿名さん] :2021/10/19 19:56

テレビで何が欲しいか聞かれて「女子高生のパンティ」とドラゴンボールのプアール?の真似をして発言したら冗談が通じずに会場の女性陣から引かれてたのが一番笑えた松坂(笑)。
お疲れ様。


#13 [匿名さん] :2021/10/19 20:00

>>7
ウーロンだ間違えるな


#9 [匿名さん] :2021/10/19 19:57

ブクブク太ってどうなのコレ
プロ野球舐めプし過ぎたツケだな


#17 [匿名さん] :2021/10/19 20:11

>>9
そのセリフは君の身の回りにいる何もできないくせにブクブク太ってる奴に先ず言ったら?


#16 [匿名さん] :2021/10/19 20:09

こいつがやらかして球団広告が身代わり出頭した事実を俺は忘れない


#21 [匿名さん] :2021/10/19 20:38

>>16
スケート選手の黒岩彰だっけ?


#25 [匿名さん] :2021/10/19 20:47

>>21
カッコ悪すぎる。これのせいでどんな記録作っても、最期までリスペクトできなかったわ。
不祥事が幼稚すぎる。
たぶん、またやら*よ。