1月期ドラマが続々とスタートした。SNSでの話題も盛り上がるなか、最新のドラマ満足度調査(1月4日1月10日放送を対象)では、菅田将暉主演の月9『ミステリと言う勿れ』(フジテレビ系)が初回87Pt(100Pt満点)の好スタートを切った。昨年放送開始した月9ドラマ3作を上回る結果となっている。

【写真あり】鼻ピアス&無造作ヘアを披露した小松菜奈、「菅田将暉に見える!」反響

 本作は、累計発行部数1300万部超えの同名コミックが原作の謎解きミステリー。菅田演じる天然パーマトレードマーク大学生主人公が、事件の謎の解いていく物語で、独特な口調で淡々と持論を展開する主人公キャラクターが作品の魅力のひとつでもある。実写化においてその“会話劇”をどう表現するのかも注目を集めていた。

 そうしてスタートした初回の満足度は87Pt。昨年放送開始された月9ドラマの初回満足度と比較しても、4月期『イチケイのカラス』72Pt、7月期『ナイト・ドクター』39Pt、10月期『ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~』77Ptを上回っており、好スタートを切ったといえるだろう。

 項目別では、5項目中の「視聴量」「話題性」の2項目でいきなり20Pt満点を獲得。「主演」は16Ptという着実な評価を得た。

 大きな特徴は、とくに若い世代から菅田の好演を支持する声が多く寄せられていたこと。10代女性からは「平凡な大学生なのにミステリアスな雰囲気も漂う演技がすごい」、「冷静に諭すように説明する口調がスッと入ってきた」と絶賛。20代女性からは「演技に圧倒的な安心感があって期待通り」、「演技に説得力があった。ハマリ役」など、初回からその存在感を見せつけて視聴者を魅了していた。

 このほか40、50代男女からの反応も上々で、「圧倒的な台詞量で難しい役どころを、持ち前の演技力でこなす菅田将暉素晴らしい。絶妙な表情や目の動きで感情や状況を表現する様は流石の一言」(40代男性)、「一気に菅田劇場に巻き込まれた」(50代男性)など、幅広い世代から関心を集めていた。

 個性的な主人公キャラクターに支持が集まる本作。ハマる人が続出すればSNSを席巻する人気ドラマになっていくことも期待できそうだ。今後の展開も見逃せない。

●「ドラマ満足度ランキング」とは
オリコン ドラマバリュー」をもとに集計。オリコングループの調査システムオリコンモニターリサーチ」の登録者から毎週、全国690名の視聴者を対象に、各ドラマの「期待度」「満足度」について、「作品」「主演」「主演以外」「セリフ」「映像」「音楽」「美術」「ストーリー展開」を10点満点で調査。「オリコンドラマバリュー」はその結果を、過去1年間のデータに照らして偏差値化した。「視聴量」「主演」「主演以外」「内容」という4項目に加え、Twitterツイート量を加えた「話題性」の5項目を各1~20ポイントとし、計100ポイント満点で集計している。

『ミステリと言う勿れ』(C)田村由美/小学館(C)フジテレビジョン


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>