タレントタモリ(76歳)が、1月21日に放送された音楽番組「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)に出演。弘中綾香アナが“代役出演”することになったことを受けて「どうせなら下平(さやか)を呼んで欲しかった」と語った。

この日、現在のサブ司会である並木万里菜アナが新型コロナウイルスに感染したことを受け、かつてサブ司会を務めていた弘中アナが“代役”として3年ぶりに番組に登場。弘中アナは「並木アナウンサーですが、新型コロナウイルスの検査で陽性とわかり、療養中のため本日はお休みです。代わりに私が担当させていただきますタモリさん、よろしくお願いします」と挨拶した。

弘中アナの挨拶を受け、タモリは「ちょっと若返ったような気がします」と話し、「どうせなら下平を呼んで欲しかった。相当若返ったような気が」と、弘中アナよりももっと前にサブ司会を務めていた下平さやかアナの名前を出してスタジオを笑わせる。弘中アナは天を仰いで「下平さーん!」と呼びかけた。

番組の最後に弘中アナは「3年ぶりですごく楽しかったです。やっぱり『Mステ』いい番組だなと思いました」と語った。


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>