今月17日(現地時間)に開幕した「第75回カンヌ国際映画祭」オフィシャルセレクション「ある視点」部門に正式出品される早川千絵の長編映画初監督作品『PLAN 75』(6月17日公開)より、現地入りが予定されている磯村勇斗が演じる、高齢者に死を推奨する市役所職員・ヒロムと、河合優実が演じる高齢者をサポートするコールセンタースタッフ・瑶子の場面写真が到着した。

【動画】映画『PLAN 75』予告編

 超高齢化社会に対応すべく、75歳以上が自ら生死を選択できる制度<プラン75>に翻ろうされる人々の姿を描く本作。若い世代のヒロムと瑶子を演じる磯村と河合について、早川監督は「さまざまな作品で毎回異なる顔を見せる磯村さんなら、私が想像する以上のヒロムを見せてくれるのではないかという期待を持ってオファーしました。河合さんは、写真を見て一目惚れです。瑶子役は当初はもう少し年上の人物を想定していたのですが、河合さんにと考えた時から、生き生きとしたキャラクターが動き出しました」と、キャスティングについて語っている。

 また、ヒロムと瑶子というキャラクターについては「2人とも自分たちが非人間的なシステムの一端を担っていることに無自覚です。<プラン75>を選択する人のその先に待っていることについて、考えることをやめてしまっているのです」と、早川監督。解禁となった場面写真でも、磯村演じるヒロムは笑顔で高齢者たちに対応している。監督は「そんな彼らがこの物語でどんな気付きを得るのか。それが本作の希望のひとつでもあります」と、本作の見どころを挙げている。

75歳以上に死を推奨する市役所職員・ヒロム(磯村勇斗)=映画『PLAN 75』(6月17日公開) (C)2022『PLAN 75』製作委員会/Urban Factory/Fusee


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>