海外の人気ゲームYouTuberPewDiePie」が、2022年5月10日公開の動画「It finally happened!」で、日本に移住したことを明かした。本動画で、VISAを取得してから来日するまでの様子を公開。彼は犬を飼っており、呼吸が難しいという問題から貨物の中に入れるのは危険だと判断し、プライベートジェットで来日した。

参考:【写真】人気実況者になるには『マインクラフト』は必要不可欠? 『マイクラ』で作られたすごい建築物の数々

 PewDiePieスウェーデン出身のゲーム実況YouTuberで、イギリス在住であった。PewDiePieチャンネル登録者数は1.11億人にもおよび、世界でもっともチャンネル登録者数の多いYouTuberとして知られている。現在、チャンネル登録者数1億人を超える個人のYouTuberは、彼しかいない。彼はかつてホラーゲームを中心にゲーム実況動画を投稿していたが、現在はニュースを取り上げたり料理したりと、幅広いジャンルで動画を投稿している。また、度々過激な発言で国や企業とトラブルを起こすのもPewDiePieの特徴で、それも彼の魅力の1つと言える。

 彼は以前から、動画内で日本が好きだと語っていた。2022年5月15日公開の「whats next?」という動画で、今回の移住の理由について「日本を楽しみたい」「さまざまな経験をしたかった」と語っており、仕事や勉強のためではなく、自身の夢を叶えるために日本へ来たと伝えている。元々日本への移住計画は進めており、2019年には「日本で家を購入した」と報告していた。

 今後、日本人として期待したいのは、国内YouTuberとのコラボだろう。特に、国内トップYouTuberの「ヒカキン」や「はじめしゃちょー」とのコラボ動画は、視聴者としても非常に期待したいところ。世界一YouTuberが日本に移住したことで、国内でもPewDiePieに接触する動きは進むと見ている。ただし現時点で、彼は日本のYouTubeについて触れておらず、今後国内YouTuberとのコラボが実現するかどうかは今のところわからない。

 また、もっとも登録者数の多いYouTuberが日本に移住したことで、今後世界から国内のYouTubeに注目が集まっていくと推測できる。そこで問題になるのは、言語ではないだろうか。海外では基本、動画は英語で作られているため、国を越えて横断的にYouTubeを楽しんでいる視聴者も多い。一方国内では、トップクラスYouTuberでさえ、英語に対応しているチャンネルは非常に少ない。さまざまなYouTuberが活躍する日本のYouTubeシーンだが、国内だけをターゲットにすると登録者数はどうしても頭打ちしてしまう。実際にノンバーバルな動画を制作し、TikTokYouTube上で大きな存在感を放つ「じゅんや/junya」は、海外で大人気で登録者数はヒカキンを遥かに超える1560万人を誇っている。今回のPewDiePieの来日をチャンスと捉え、世界中の視聴者を意識した動画が増えていくことも期待したい。

(小川遼)

動画サムネイルより


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>