上島竜兵・ダチョウ倶楽部

22日放送の『上沼・高田のクギズケ!』(読売テレビ)が、11日に急逝したダチョウ倶楽部上島竜兵さんの訃報を紹介。司会の上沼恵美子が、「真面目な方」「惜しいなんてもんじゃない」などとその死を偲んだ。


■先週の放送で触れなかった理由

番組は先週の放送で上島さんに触れなかったが、上沼は冒頭、「この番組、2本撮りなんですよ」「収録だったのでね。(逝去が)その後のことだったので」と前回収録後に急死したためだと説明。

他番組より1週遅れた理由を明かすと、「この番組にも何度も来ていただいて」「3月末にいらっしゃいました」と2カ月前に共演したばかりだと明かした。


関連記事:上島竜兵さん所属事務所がコメント発表 「突然のことで驚きに堪えません」

■「反省をよくされる」とエピソードを語る

続けて、上島さんの性格を「真面目な方なんですね」と指摘し、「生真面目すぎる」「反省をよくされるんですけど、『今日も上沼さんに助けてもらいました』とか。そんな反省するほどの芸歴じゃなかってん。大御所やったんやなって」と具体的なエピソードも告白。

自殺と見られていることを受けてか、上島さんの内面について明かすのだった。

■「惜しいなんてもんじゃない」

続いても、「ホントに、何て言ったらいいのかなぁ…」と言葉に詰まりながら、「上島さんに悪いけど、軽いじゃないですか? 芸が? 60過ぎてて。還暦過ぎると『こういうことやってていいのかなぁ』なんて考えて、もっと重鎮な者になりたいと思うんだけど」とコメント

「そういうのダチョウは無くて、特に上島さんは無邪気で」と続け、あの芸風こそが魅力だったと持論を展開した。最後も残念そうに、「そういう61やったのに、惜しいなんてもんじゃないわ」とその死を偲んでいる。


■主な相談窓口

・いのちの電話

ナビダイヤル0570-783-556(10時22時

フリーダイヤル=0120-783-556(16時21時。毎月10日は8時~11日8時)

日本いのちの電話連盟https://www.inochinodenwa.org)

・合わせて読みたい→玉袋筋太郎、上島竜兵さんとダチョウ倶楽部のコントを称賛 「ファンだった」

(文/Sirabee 編集部・玉山諒太

急逝した上島竜兵さんを上沼恵美子が追悼 「生真面目すぎる」と性格分析


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>