kkr50のblog

楽しいブログを開設致しました! 是非、ご覧になって日常の生活にお役立て下さい!

    楽しいブログを開設致しました!
    是非、ご覧になって日常の生活にお役立て下さい!

    カテゴリ: 芸能全般


    高橋メアリージュンの姉妹ショットにネット騒然「アゴ尖り過ぎ」 - 芸能ニュース掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com関東版


    NO.9427701
    高橋メアリージュンの姉妹ショットにネット騒然「アゴ尖り過ぎ」
    高橋メアリージュンの姉妹ショットにネット騒然「アゴ尖り過ぎ」
    女優の高橋メアリージュン(33)が披露した姉妹ショットにツッコミが集まっている。

    高橋は21日にインスタグラムを更新し、「先日、ユウと初挑戦のお仕事でした!」と明かしつつ、妹でモデルの高橋ユウ(30)と撮影したツーショット写真を披露。写真には、リラックスした表情のふたりが映っており、仕事については、「相性バッチリでやりやすかったです」と、姉妹の相性の良さをアピールしていた。

    また、高橋は、「スタジオにプリクラがあって撮りました!」と明かし、ポストに投稿した3枚目以降の写真で、そのプリクラを披露。かなり目が大きく加工されている、いわゆる今どきのプリクラ写真となっており、高橋は「…誰?」と自虐的につづっていた。

    この投稿にファンからは、「美人姉妹!」「最強姉妹ですね!」という声が集まっていたが、ネット上からは「顎尖り過ぎじゃない?」「自撮りも後ろのタイル歪むほど加工してて笑った」「自撮りも加工の極み」といったツッコミが多く寄せられてしまっていた。

    過剰な加工のプリクラ写真については「誰?」とつづっておきながら、自撮り写真にもかなりの加工を施していることに困惑が集まってしまったようだ。



    【日時】2021年04月25日 18:08
    【提供】デイリーニュースオンライン
    【関連掲示板】


    【高橋メアリージュンの姉妹ショットにネット騒然「アゴ尖り過ぎ」 - 芸能ニュース掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com関東版】の続きを読む


    『芦田愛菜』についてまとめてみた




    【『芦田愛菜』についてまとめてみた】の続きを読む


     アニメ幽☆遊☆白書浦飯幽助役などで知られる声優・佐々木望が24日、都内で行われた爆音映画祭『AKIRA 4Kリマスター版』舞台あいさつに登場した。昨年3月に東京大学法学部を卒業したことを報告したが、突然の発表だったため声優業界で大きな反響があったことを明かした。

    【画像】足を組みクールな表情を見せる佐々木望

     佐々木は昨年3月に自身のツイッターにて「私事で恐縮ですが、このたび東京大学法学部を卒業しました。声優の仕事のかたわら通学と勉強をしてきました。センター試験から大学卒業まで、長かったようでとても短く感じます。濃密で豊かな時間でした。学べる環境にいられた幸せに深く感謝し、声の仕事を今後も頑張ってまいります!」と報告。2013年に入学し仕事と両立しながら7年かけて同大学を卒業したことに、当時は大きな話題となった。

     この日はその話題について触れ「『(仲間から)何をやっているの?』と卒業するまで(大学に通っていたことを)発表していなかったので、発表した時に同業の方や関係者の方から電話がかかってきて、『何をやっているの!? ニュース見た』と。びっくりしたそうで、『どこに行くのあなた?』と言われて、『どこにも行きませんよ!』と。強調しないと声優を辞めてどこかに行くのではと思われたら不利益だなと思ったので、ここでも強調します」と笑いながら当時の反響を伝えた。

     受験した理由は「声優デビューした時は若かったので、世の中を知らないまま業界に入った。この業界しか知らないわけで、社会人ですが、この業界以外を知らない。自分は『何も知らないんだな~』と思っていて、物事について本で調べることは好きだったのでちょっと受験をしようと思いました」と経緯を説明。

     受験勉強については「勉強は楽しい」とし、「『絶対に入らなきゃ!』『何年後にこうして…』と決めちゃうと、できなかった時が悲しいじゃないですか。自分は『いつかは入れるだろう』『受験勉強面白い』と、知らないことを勉強していれば『いつか合格するだろう』と思っていました」と打ち明けた。

     そして見事合格して「仕事の飽き時間にキャンパスに行き授業を受けていました。空き時間は全部大学に行っていたので、遊ぶ時間がなくなりましたねー」と笑いを誘った。

     『AKIRA』は、1982~90年にかけて『週刊ヤングマガジン』(講談社)で連載、88年に劇場アニメ化された作品で、本格SFアクションとして一大ブームになった作品。物語は、1988年に関東地区で「新型爆弾」が使用されて第三次世界大戦が勃発した、31年後の2019年が舞台。東京湾上に構築されたメガロポリス・ネオ東京は翌年にオリンピック開催を控えるなど、かつての繁栄を取り戻しつつある中、不良少年グループリーダーである主人公・金田や、過度の人体実験により新たな「力」に覚醒した仲間の鉄雄の姿が描かれる。

    引退疑惑を否定した佐々木望 (C)ORICON NewS inc.


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【『幽白』幽助役の声優・佐々木望、東大卒業で業界騒然 引退疑惑を否定 勉強楽しみ「いつか合格できる」】の続きを読む


    3月に小学校を卒業、4月から中学校不登校を宣言している少年革命家YouTuberゆたぼん不登校や教育のあり方をめぐり、2ちゃんねる創設者のひろゆきさんやメンタリストDaiGoさん、脳科学者の茂木健一郎さん、そして「ゆたぼんのパパ」こと中村幸也さんらを中心にネット上で大いに議論となっている。

    4月22日には、AbemaTV生放送番組「AbemaPrime」(アベプラ)に茂木健一郎さんと中村幸也さんが出演、「EXITと考える”学校行け論争”」と題し議論が交わされた。22日は木曜日ということで、毎週金曜日レギュラー出演しているひろゆきさんは、

    金曜だったらおいら出演日だったのに…

    ツイート。番組放送中にTwitterコメントを行い、番組もそれをとりあげていた。

    参考記事:
    ひろゆきさん「金曜だったらおいら出演日だったのに…」アベプラで「EXITと考える”学校行け論争”ゆたぼんパパ生出演」
    https://getnews.jp/archives/2994247[リンク]

    翌23日、NHK受信料を支払わない方法を教える党の定例記者会見に参加したというゆたぼん立花孝志党首からひろゆきさんに対してのコメントを求められ「本当クソだなと思う」等発言したとのこと。
    15時半すぎ、「東スポWeb」に
    不登校宣言のゆたぼん永田町に参上! ひろゆき氏に反撃「本当クソだな」
    という記事が掲載され、話題となり夕方にはTwitterのトレンドに「本当クソ」「不登校宣言のゆたぼん」「ひろゆき氏」といったワードランクインする事態となっていた。

    20時前、ひろゆきさんは『Yahoo!』に配信された上記東スポ記事にリンクを貼り

    おいらのことをどう言ったとしても、本人の学力が上がるわけではないのです。

     

    他人を罵倒することで、子供の学力や知力があがるわけではないということがわからない大人に囲まれて利用されてるのは可哀そうだなぁ、、と。

    ツイートを行う。
    当該記事とひろゆきさんのツイートはいずれも反響を呼び、それぞれ多くのコメントが寄せられていたようである。

    ※画像は『Twitter』より

    ゆたぼんがひろゆきさんについて「本当クソだなと思う」と発言 ひろゆきさん「大人に利用されてるのは可哀そうだなぁ、、と」


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【ゆたぼんがひろゆきさんについて「本当クソだなと思う」と発言 ひろゆきさん「大人に利用されてるのは可哀そうだなぁ、、と」】の続きを読む


    茂木健一郎

    脳科学者の茂木健一郎氏が、24日にツイッターへ新規投稿。新型コロナウイルスに関し、ワクチン接種の遅れを擁護する勢力に疑問を呈した。


    ■接種率が低い日本

    日本のコロナウイルスワクチンは、2月17日から医療従事者への優先接種が始まり、4月12日には65歳以上の高齢者への接種がスタート。しかし、欧米から約2ヶ月遅れの上、接種率は約1%、世界182ヶ国中131位とその遅れが顕著に目立っている。

    こうした点は多くの専門家から問題視されており、茂木氏もかねてからツイッター等で懸念を示していた。一方、接種の遅れに理解を示す声もあり、ネット上でも意見が割れているのも事実であった。


    関連記事:EXIT兼近、コロナに関する政府へのメッセージに断言 「若者は忘れて」

    ■「劣等生の言い訳」と苦言

    そして24日、茂木氏は「日本がワクチン接種の世界でも最低の劣等生だという事実が広く知れ渡るようになると、今度は、ときどき、TL上にワクチンは危険だとか、ワクチンの効果は限界があるとかいうつぶやきが流れてくるようになった」とツイート

    ワクチンの接種の遅れを“擁護”する勢力が、より一層活気づいたことを指摘する。さらに、同ツイート内では「すごいな。。。劣等生の言い訳。検査の時もそうだったけど、組織的にやっているのか?」とも。

    擁護キャンペーンの不自然さに、組織的な動きさえ疑っていることを示したのだった。

    ■フォロワー内でも意見は二分

    ツイートに対し、茂木氏の意見に賛同するフォロワーからは「なるほど…日本大丈夫か?」「ワクチン接種しか生き残る道はないんですけど、否定する人はヤバいですね」「日々、日本という国に危機感しかない」といった声が。

    一方、ワクチンに懐疑的なフォロワーは「リスク大ありです。漢方薬とは違う!」「あたりまえだけどワクチンってリスクあります」といった指摘を寄せている。やはり、ワクチン問題は意見が割れるトピックであるようだ。


    ■8割が「日本の接種遅れている」

    しらべぇ編集部がツイッターユーザーを対象に実施した調査では、全体の84.6%が「日本の新型コロナワクチン接種は他先進国と比較して遅れている」と回答している。

    新型コロナウイルス・ワクチン接種

    遅れていることの是非はさておき、「遅れている」という評価だけは間違いないようだ。

    ・合わせて読みたい→尾木ママ、海外製コロナワクチンの安定供給に不安 「遅れが気になる」「独自開発を」

    (文/しらべぇ編集部・玉山諒太

    茂木健一郎氏、ワクチン接種遅れへの擁護を疑問視 「組織的にやっているのか?」


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【茂木健一郎氏、ワクチン接種遅れへの擁護を疑問視 「組織的にやっているのか?」】の続きを読む

    このページのトップヘ