エンターテイメントまとめサイト

楽しいブログを開設致しました! 是非、ご覧になって日常の生活にお役立て下さい!

楽しいブログを開設致しました!
是非、ご覧になって日常の生活にお役立て下さい!


 今月17日(現地時間)に開幕した「第75回カンヌ国際映画祭」オフィシャルセレクション「ある視点」部門に正式出品される早川千絵の長編映画初監督作品『PLAN 75』(6月17日公開)より、現地入りが予定されている磯村勇斗が演じる、高齢者に死を推奨する市役所職員・ヒロムと、河合優実が演じる高齢者をサポートするコールセンタースタッフ・瑶子の場面写真が到着した。

【動画】映画『PLAN 75』予告編

 超高齢化社会に対応すべく、75歳以上が自ら生死を選択できる制度<プラン75>に翻ろうされる人々の姿を描く本作。若い世代のヒロムと瑶子を演じる磯村と河合について、早川監督は「さまざまな作品で毎回異なる顔を見せる磯村さんなら、私が想像する以上のヒロムを見せてくれるのではないかという期待を持ってオファーしました。河合さんは、写真を見て一目惚れです。瑶子役は当初はもう少し年上の人物を想定していたのですが、河合さんにと考えた時から、生き生きとしたキャラクターが動き出しました」と、キャスティングについて語っている。

 また、ヒロムと瑶子というキャラクターについては「2人とも自分たちが非人間的なシステムの一端を担っていることに無自覚です。<プラン75>を選択する人のその先に待っていることについて、考えることをやめてしまっているのです」と、早川監督。解禁となった場面写真でも、磯村演じるヒロムは笑顔で高齢者たちに対応している。監督は「そんな彼らがこの物語でどんな気付きを得るのか。それが本作の希望のひとつでもあります」と、本作の見どころを挙げている。

75歳以上に死を推奨する市役所職員・ヒロム(磯村勇斗)=映画『PLAN 75』(6月17日公開) (C)2022『PLAN 75』製作委員会/Urban Factory/Fusee


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【映画『PLAN 75』磯村勇斗、河合優実が演じる「考えることをやめてしまった若い世代」】の続きを読む


🌍住所だけで郵便配達、6月から NHKの受信料徴収支援


住所だけで郵便配達、6月から NHKの受信料徴収支援
 日本郵便は17日、宛先の名前が分からなくても住所だけで送れる新たな郵便サービス「特別あて所配達郵便」を6月21日から本格導入すると発表した。手続き書類や振込用紙を送るといったNHK受信料の徴収業務を支援するために昨年6月に試験導入した。インフラ系の企業などからの引き合いもあり、収益が確保できると判断した。

 年間千通以上の利用が条件となる。6月21日以降の料金は定形郵便物や通常はがき、往復はがきに150円を上乗せする。例えば25グラム以内の定形郵便物の場合、234円となる。

【日時】2022年05月17日 18:00
【ソース】共同通信
【関連掲示板】

【🌍住所だけで郵便配達、6月から NHKの受信料徴収支援】の続きを読む


🎤木下優樹菜、メイク動画中の言動に批判殺到「言葉遣いが酷すぎる」


木下優樹菜、メイク動画中の言動に批判殺到「言葉遣いが酷すぎる」
木下優樹菜(34)が16日、自身のYouTubeチャンネルを更新した。

木下といえば先日、「娘たちお迎え前のタリーズ」とつづり、恋人でJリーガーの三幸秀稔(28)と思われる男性とホットドッグを食べる写真を投稿。恋人との幸せ時間を投稿するもネット上からは「こんなこと誰が知りたいの?どうでもいい」などの声が寄せられる結果に。

そんな木下はこの日、「すきぴが買ってきてくれたスタバで栄養補給しながらメイクしてみたよー」というタイトルで、自身のYouTubeチャンネルを更新。最近発売されたスタバのフラペチーノで栄養補給しながらメイク動画を公開した。

この投稿にネット上からは「『やばー』とか『すきぴ』とかよりも、丁寧な言葉遣いの方が…」「何歳か知らないですがす、すきぴはちょっと。。。」「言葉遣いが酷すぎる」「スタバで栄養は補給できるか?」などのコメントが寄せられている。

自由気ままに好きな事をして過ごす木下であるが、言葉遣いが気になる視聴者が多くいたようだ。
【日時】2022年05月18日 10:30
【提供】デイリーニュースオンライン

【🎤木下優樹菜、メイク動画中の言動に批判殺到「言葉遣いが酷すぎる」】の続きを読む


🎤ゾンビから逃れる最も効果的な運動法が専門家によって判明する


image:pixabay

世界中で恐れられている恐怖のモンスター「ゾンビ」。死んだものが蘇り、生きた人間を襲ってきます。映画やゲームにも度々登場し我々を恐怖のどん底へと突き落とすわけですが、そんなゾンビにもし仮に襲われたらどうすればよいのでしょうか。もちろん対抗する「銃」や「ショットガン」などは一切持っていないという前提です。

逃げ切るには「ボディビル」よりも……

image:pixabay

恐怖のモンスター「ゾンビ」。彼らの強靭的な身体能力は、生きた人間をゆうに超えます。従って通常の運動神経ではなかなか対抗することは難しいのは想像つきます。

では「ボディビル」のような、驚異的な肉体で相手を撃退するというのはどうでしょう。

「ゾンビ研究協会」キャメロン・カールソン博士によると、最も効果的な運動法は「ボディビル」よりも「有酸素運動」が必要だということです。

「ボディビル」は確かに強靭的な肉体を手に入れることができるが、反面「スタミナ」に弱い。対して「有酸素運動」は長距離を走り抜けることができるので逃げ切る確率が上がるのだという。

相手を追い払うよりも、とにかくゾンビを追い抜く事が重要。長距離を走り抜けるためにも、身の軽い「ランナー」のほうが生存率が高まると話す。

つまり「ジム・トレーニング」はゾンビに襲われた際にはまったく利用価値がなくなるようなのです。

たしかに、ゾンビから逃げるには「早い足」と「持久力」が大事だということが理解できそうです。さしずめ、ジムでトレーニングするならば、ダンベルよりもランニングマシンでしょうか。

そんな「ゾンビ」に襲われる日が来るのはいつになるのかはわかりませんが……

Source:デイリー・スター

【日時】2022年05月18日 10:47
【提供】秒刊SUNDAY

【🎤ゾンビから逃れる最も効果的な運動法が専門家によって判明する】の続きを読む


日本テレビ水卜麻美アナ(35歳)が、5月17日に放送されたトーク番組「午前0時の森」(日本テレビ系)に出演。「私が気をつけ!で言う感じの結構偉い人」から、番組について「あれ面白いな!」と声を掛けられたと語った。

オードリー若林正恭が番組の反響について「ミトちゃん、日本テレビアナウンサーじゃない。評判はどう? 社員さんとかの反応。俺は聞けないじゃん」と尋ねると、水卜アナは「うちの会社のいい風潮なんですけど、『あれ見たよ』みたいなのをエレベーターとかで会った時に声をかけてくれる人が多くて、結構、言われます。この番組は。しかも、結構偉い人。私が気をつけ!で言う感じの人に『水卜、あれ面白いな!』って言われた」と答える。

若林自身も、歩いていて、たまに呼び止められて「あれ面白いですね」とか言われるが、どれだけ偉いポジションの方なのかがわからず気になることがあると語った。


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【水卜麻美アナ、「午前0時の森」は“結構偉い人”からも反響】の続きを読む

このページのトップヘ