エンターテイメントまとめサイト

楽しいブログを開設致しました! 是非、ご覧になって日常の生活にお役立て下さい!

楽しいブログを開設致しました!
是非、ご覧になって日常の生活にお役立て下さい!



映画『ツユクサ』

 過去を抱えながらも「今」を生きる主人公五十嵐芙美(いがらしふみ)に、これから訪れるだろう幸せや希望を爽やかに映し出した、全国公開中の“大人のおとぎ話”映画『ツユクサ』。

 本作は小林聡美を主演に迎え、安倍照雄によるオリジナル脚本を、『愛を乞うひと』『閉鎖 病棟-それぞれの朝-』など、さまざまな視点から人生を描いてきた平山秀幸監督が映画化。旧知の仲である平山と安倍が10年以上あたため続けてきた人生賛歌の物語が誕生した。

 本作で、音楽を手掛けるのはこれまで100本以上の映画で音楽を担当してきた、映画音楽の匠・安川午朗。『八日目の蝉』(11)で日本アカデミー賞最優秀を受賞し、『凶悪』(13)では毎日映画コンクール音楽賞を受賞している実力派。『超光戦士シャンゼリオン』や、『仮面ライダー THE FIRST』など特撮作品の音楽にも取り組んでいる。

 平山秀幸監督とは、『OUT』(02)、『しゃべれども しゃべれども』(07)、『閉鎖病棟 -それぞれの朝-』(19)など、これまで7本の映画で音楽を担当しており、本作『ツユクサ』で8本目のタッグとなる。

 そしてこの『ツユクサ』でも安川に依頼した平山監督は、「今回は『ピアノ』と『ワルツ』でした」と、本作での音楽のイメージポイントを明かした。「午朗さんは作品を大きくとらえてくれます。悲しいときに悲しい音をとか、楽しいときに楽し気な音とかはありません。目先の事にとらわれた音を作るような真似は絶対にしません。大きな柱のあるダイナミックな音作りをしてくれます。何より彼の音楽は『カッコイイ』」と、全幅の信頼を寄せ、安川の映画音楽を大絶賛した。

 登場人物たちに寄り添うように、そっと優しく響く安川午朗の音のマジックが物語を彩る。

■安川午朗が音楽担当した平山監督作品リスト

『OUT』(02)、『魔界転生』(03)『レディジョーカー』(04)、『しゃべれども しゃべれども』(07)『やじきた道中 てれすこ』(07)、『信さん・炭坑町のセレナーデ』(10)『閉鎖病棟 -それぞれの朝-』(19)、『ツユクサ』(22)

ストーリー

 とある小さな田舎町で暮らす芙美。気の合う職場の友人たちとほっこり時間を過ごしたり、うんと年の離れた親友の少年と遊びに出かけたり、 ある日、隕石に遭遇するというあり得ない出来事を経験したり。そんなふうに日々の生活を楽しく送るなかで、ときおり見え隠れする芙美の哀しみ。彼女がひとりで暮らしていることには理由があって、その理由には“ある哀しみ”があって、そして草笛をきっかけに出会った男性と恋の予感も訪れて......。



(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【映画音楽の匠・安川午朗、映画『ツユクサ』で物語を彩る音のマジック】の続きを読む


🎤華原朋美、愛息を抱いて微笑む姿に心配の声「いつもトラブル」「男運がない」


華原朋美、愛息を抱いて微笑む姿に心配の声「いつもトラブル」「男運がない」
華原朋美(47)が16日、自身のツイッターを更新。投稿内容が話題となっている。

華原といえば先日、「ゴールデンウィークの温泉旅行️息子と温泉(省略)生まれてもう2歳️夢に描いた、絵に描いたような、幸せな気持ち生まれてきてくれてママのところに来てくれてありがとうね」とつづり、温泉旅行に訪れている写真を投稿。息子との入浴中の様子をアップする華原に対し、ネット上からは「温泉に髪の毛浸かってる。。」などの冷ややかな声が寄せられていたばかり。

そんな華原はこの日、「お仕事終わっておちびくんと会えた〜」とつづり、愛息を抱き抱えながら微笑む写真を投稿した。息子との癒し時間を過ごす華原にネット上からは「無理して赤裸々に状況発信しなくてもいいんじゃない?」「やっていることが支離滅裂」「いつも異性関係でトラブルを起こしている」「男運がないんだな」などのコメントが寄せられている。

華原は昨年8月にマネージャーで会社の社長を務める男性と結婚。最近では、妊活に励む様子などをSNSなどに投稿していたが、この男性の離婚歴やDV疑惑など、トラブル報道が持ち上がっている。華原が掴みかけていた幸せの行方はどうなってしまうのだろうか。
【日時】2022年05月18日 06:15
【提供】デイリーニュースオンライン

【🎤華原朋美、愛息を抱いて微笑む姿に心配の声「いつもトラブル」「男運がない」】の続きを読む


🎤元カリスマAV女優・明日花キララ 地上波ゴールデン進出で「飯島愛を超える日」


元カリスマAV女優・明日花キララ
地上波ゴールデン進出で「飯島愛を超える日」

「イロモノ扱いで終わりそう」

元カリスマAV女優の明日花キララ(33)が先日、バリバリの地上波ゴールデンバラエティ『ホンマでっか!?TV』に出演し、話題沸騰中だという。

2018年からAV活動を行っておらず、20年には正式にAV女優を引退し、その後はインフルエンサー系のタレントとして活躍が期待されていた明日花だが。

「かつて現役AV女優時代からバラエティに進出し、引退後は本格的なタレント活動で一世を風靡した故・飯島愛さん(享年36)の時代とは、コンプライアンスがまるで違う時代となっている。ここ10年位、AV出身のタレントは深夜やABEMAのバラエティには出ていたが、地上波ゴールデンに出演した者は皆無」(バラエティプロデューサー)

そもそも、現在の呼び名でいう “セクシー女優” は、れっきとした職業であるし、昨今の訳の判らないコンプライアンスでも弾かれる必要の無いジャンルのはず。

「もし飯島さんがあのような形で世を去ってなければ、その後にAV女優のタレント化がもっと進んでいったかもしれない。それに飯島さんはAV引退後に大手芸能事務所に所属出来ていたのが大きい」(同前)

このように、飯島さん亡きあと十数年の歳月を経て、ついに全国ネット地上波ゴールデンバラエティの高すぎる壁を崩した明日花。

女性信者の数は田中みな実以上とも(インスタグラムより)

女性誌のアンケートでは『なりたい顔ランキング』上位の常連で、ランジェリーのプロデュース業でも大成功と実業家の顔も持つ。

そしてツイッターは約204万、インスタグラムは253万と、著名芸能人もひれ伏す程のフォロワーを持ち、まさにAVのカリスマから “現代のカリスマ” へと昇華した明日花。

「今回の『ホンマ~』の出演では整形カミングアウトも話題になり、他のバラエティからもオファーが殺到しているとか。何より超大御所さんまさんの番組に出演したことで『明日花はAV上がりだけど使ってOKなんだ』と、キャスティングの免罪符を得たことが大きいのでは」(バラエティ演出家)

そうなると、やはり今後は “第二の飯島愛” となり、そして “飯島愛を超える日” が来るかどうかに注目が集まるが、こんな厳しい声も。

「たしかに若い女性には美容系タレントとしてウケは抜群だが、あそこまで整形サイボーグ顔だと “老若男女にウケる” という感じは無く、あくまでイロモノ扱いで終わりそう。飯島さんが世に出た年齢より10歳以上も上だし、AV業界に長く居すぎたため『元AV』という印象が強すぎるのもマイナス。やはり現代では少々使いづらい」(同前)

飯島さんのように大手芸能事務所に所属出来れば、“一発逆転” もあるかもしれないが……今後は、意味不明なコンプライアンスや、現代バージョンの “世間の目” と戦いながら『お茶の間の市民権』を得るために、更なる奮起を期待したい。 (狩野玖太)

【日時】2022年05月18日 09:27
【提供】覚醒ナックルズ

【🎤元カリスマAV女優・明日花キララ 地上波ゴールデン進出で「飯島愛を超える日」】の続きを読む


🌎ロシアへの経済制裁、限界が露呈、戦闘短期化の期待低下…無関係な国々にリスク波及


ロシアへの経済制裁、限界が露呈、戦闘短期化の期待低下…無関係な国々にリスク波及の画像1
ロシアのプーチン大統領(「Wikipedia」より)

 「主要先進国がロシアに科す経済制裁は4月29日時点で1万128件となった」

 このように指摘するのは、法令遵守に関するデータを集計する米国の専門サイト「Castellum,AI」だ。同サイトによれば、ロシアへの制裁件数は、核開発問題を抱えるイラン向け(3616件)の3倍に上り、ダントツの世界1位となっている。経済制裁とは、戦争を起こすなど国際ルールに反した国に対して経済的な打撃を与え、問題のある行為をやめさせようとすることだ。対象の国との貿易を禁じたり、銀行決済などを止めるなどの方法がある。ロシアが2月下旬にウクライナに侵攻すると、西側諸国は「一致団結して経済制裁で対抗する」という異例の戦略をとった。 

 西側諸国との貿易や金融取引から排除することでロシア経済に一定のダメージを与えてきたが、当初予想されたほどのレベルには達していない。ロシア経済が破綻する兆候は見えておらず、「経済制裁がロシア経済に深刻な打撃を与えて短期間で戦闘を終了できる」との期待は消えつつある。冷戦終結以降、米国は「ならず者国家」と呼ぶ国々(北朝鮮、イラン、イラク、リビアなど)に対し経済制裁を実施してきたが、経済制裁のみで政権転覆など外交安全保障上の目的を達成できたことはない。相手が大国であるロシアであればなおさらのことだ。西側諸国の制裁は、プーチン体制が変わらない限り解除されることはないとされており、危機を回避したロシアと西側諸国の間で長期にわたり「経済戦争」が続く事態が現実味を帯びている。

 経済は昔から戦争の武器として利用されてきた。経済制裁は爆弾などのような殺傷力はないが、長期的には敵に対して壊滅的なインパクトを与えることができる。経済のグローバル化が大きく進展した現在、この非暴力的な攻撃手段は前代未聞の威力を持つようになっている。世界はモノ、カネ、情報などのネットワークで網の目につながったが、「結び目」は必ずしも均一ではない。相互依存が強まれば強まるほど中心的な「ハブ」となった国が「ネットワークから排除する」と脅かすことで他国を従属させることが可能になっている。米国をはじめとする西側諸国は世界経済でのシェアは小さくなったものの、金融などの分野で圧倒的な力を誇っている。

 西側諸国が仕掛けたロシアへの経済制裁は未曾有のレベルにまでエスカレートしており、世界の繁栄を可能にしてきたグローバル化のプロセスを逆行させるリスクが高まっているが、その正当性が議論されることは皆無に等しいのが現状だ。哲学者のカントは著作『永遠の平和のために』の中で「国家間の商取引を増やし、戦えば互いが損失を被る関係を築けば流血を防ぐことができる」と主張したが、西側諸国は「戦いを防ぐはずの相互依存」を逆手にとって「武器」として利用し始めているといっても過言ではない。

経済制裁のリスク

 だが、はたしてそれで本当に良いのだろうか。紛争状態が長期化するに従い、西側諸国ではロシアのウクライナでの戦争犯罪を非難する声が大きくなるばかりだ。国際人道法は2つの原則を戦争当事国に義務付けている。

 1つ目は「武力の行使は『相手の軍事力を破壊する』という目的に限定される」というものだ。西側メデイアは「ロシア軍がウクライナの学校、病院など民間人を標的とする違法な攻撃を行っている」と連日のように報じている。2つ目は「使用可能な武器は限定される」というものだ。核兵器や生物化学兵器の使用禁止はもちろんだが、ロシア軍が使用しているといわれる命中精度の低い爆弾や過度の殺傷能力を有する武器(クラスター爆弾など)も問題視されている。

 これに対し、経済制裁は非常に新しい「武器」であるため、ルールがまったく存在しない。ロシアに対する経済制裁は(1)エネルギーの輸入禁止、(2)ハイテク製品の輸出禁止、(3)資産凍結、(4)金融制裁、(5)新規投資の停止などが挙げられるが、経済的な「武器」の一覧表というものはそもそも世の中に存在しない。

 経済制裁が引き起こす具体的な影響に関するエビデンスがないのにもかかわらず、ひたすら「ロシア憎し」で次から次へと制裁が繰り出されている感が強い。流血を伴わない経済制裁は乱用される可能性が高く、そのリスクを軽視すべきではない。

 制裁で最も不利益を被っているのはロシアの一般市民だが、西側諸国の制裁で世界有数の資源大国であるロシアからの供給が減少したことで世界全体の燃料や食料価格が高騰し、紛争とはまったく関係のない発展途上国の多くの人々も生活苦に追い込まれている。

 英リスク管理コンサルタント企業「ベリスク・メーブルクロフト」は5月11日、「燃料や食料価格の高騰で今年第4四半期までに世界規模で暴動が発生するリスクが高く、特にリスクが高いと予想される国の4分の3が中所得国だ」との見解を示した。低所得国とは異なり、中所得国の国民の政府に対する要求水準が高いことがその理由だ。

 経済制裁が及ぼす影響は広範であり、何をやっても許されるわけではけっしてない。その使用を一国の手に委ねるべきではなく、通常の戦争と同様、無関係な民間人に悪影響が及ばないようにするための国際的なルールづくりを急ぐべきではないだろうか。

(文=藤和彦/経済産業研究所コンサルティングフェロー)

●藤和彦/経済産業研究所コンサルティングフェロー 

1984年 通商産業省入省
1991年 ドイツ留学(JETRO研修生)
1996年 警察庁へ出向(岩手県警警務部長)
1998年 石油公団へ出向(備蓄計画課長、総務課長)
2003年 内閣官房へ出向(内閣情報調査室内閣参事官、内閣情報分析官)
2011年 公益財団法人世界平和研究所へ出向(主任研究員)
2016年 経済産業研究所上席研究員

2021年 現職

 

【日時】2022年05月13日 18:00
【提供】Business Journal

【🌎ロシアへの経済制裁、限界が露呈、戦闘短期化の期待低下…無関係な国々にリスク波及】の続きを読む


フジテレビでは7月期の水10ドラマとして、町田啓太主演の熱血青春ドラマ『テッパチ!』を放送する。4月より新たにスタートした水10ドラマ。次のニューヒーローとして町田が抜てきされた今作は、完全オリジナル企画。陸上自衛隊を舞台に青年たちの成長と熱き思いを描いた物語だ。未熟な若者たちが、現実の厳しさ、夢や希望、友情や恋愛、汗と涙…など、日々壁にぶつかりながら、「誰かのために命をかけられるのか」「自分がやりたい本当のこととは…」と悩みながらも奮闘していく。また、リアリティーを追求するべく、防衛省の全面協力のもと、車両やヘリコプターなども実際に陸上自衛隊で使われている機材を使用することで実現できる迫力満載のダイナミックな映像は必見だ。

主人公・国生宙(こくしょう・ひろし)を演じる町田啓太と、宙の自衛官候補生の仲間・馬場良成(ばば・よしなり)を演じる佐野勇斗のイケメンコンビの共演が早くも話題を呼んでいる今作。この度、主要キャストとして、北村一輝、佐藤寛太、時任勇気、一ノ瀬颯、坂口涼太郎、池田永吉、藤岡真威人、工藤阿須加、桐山漣久保田悠来、結木滉星、水沢林太郎ら、総勢12名もの個性あふれるイケメン俳優陣の出演が決定。

最新作の映画『沈黙のパレード』(2022年9月公開)などの出演をはじめ、数々のヒット作に出演し、多彩な役柄を演じ分ける実力派俳優・北村が、今作で初の陸上自衛隊・教官役に挑戦する。北村が演じる八女純一(やめ・じゅんいち)は、高卒で陸上自衛隊員となり、情に厚く、正義感が強い男だ。人一倍の努力を積み、現場のたたき上げで階級を上げてきた優秀な陸上自衛隊員。この度、教育隊の中隊長となった八女は、自ら街に出て自分の目で見て、宙や馬場のようなエネルギーを持て余している若者たちを見つけては、声を掛けていく。後輩を育てることに熱意を抱いた八女は、自衛官候補生となった宙たちに対して、愛情あふれる熱血教官として接していく。今作の出演について北村は、「(自分が)商船学校に通っていたため、寮生活や団体行動、連帯責任など自分自身も経験したことと重なり、独特な世界観に懐かしさを感じました」と明かし、「陸上自衛隊の教官役は初めてですが、アニキ的存在でいれるような人物像にしたいと思っています」と意気込む。また、「男ばかりの熱いエネルギーのある若い俳優さんに、真のカッコよさ、そして暑い夏ドラマにご期待ください!」と視聴者メッセージを寄せた。


そして今作は、宙たちが陸上自衛隊員になるべく候補生として厳しい訓練を受け、自衛官として成長していく姿を描く第一部と、無事訓練を乗り越え、陸上自衛隊員として本隊へ配属後、実際の現場に出て任務を遂行していく姿を描く第二部の二部制で構成される。第一部の物語では、同世代の仲間たちが集まり、さまざまな事情を抱えた青年たちが、それぞれの思いを持ちながらも、“陸上自衛隊員になる”という同じ目標に向かって突き進んでいく姿を描く。それに対し、第二部では、年齢も階級もバラバラ、上下関係もハッキリしている環境下で新米自衛官の宙や馬場たちが、実際の現場に出て、さまざまな壁にぶつかりながらも、陸上自衛隊員としての誇りを持ち、使命を果たすべく奮闘していく姿を描く。


第一部の登場人物で、北村演じる八女から熱血指導を受ける自衛官候補生役には、今大注目の個性あふれる俳優陣が大集結した。元ヤンキーの荒井竜次(あらい・りゅうじ)役を、ダブル主演を務めるドラマあせとせっけん』(MBS2022年2月)や舞台『怖い絵』などの話題作への出演が続いている劇団EXILEの最年少・佐藤寛太。ガンマニアの丸山栄一(まるやま・えいいち)役は、ドラマドクターホワイト』(カンテレフジテレビ系2022年1月期)やNHK連続テレビ小説『ちむどんどん』<毎週(月)~(土)放送中>に出演で注目を集める俳優・時任勇気。暗い過去を持つ武藤一哉(むとう・かずや)役には、若手俳優の登竜門としても知られるスーパー戦隊シリーズ騎士竜戦隊リュウソウジャー』(テレビ朝日系2019~2020年)や、ドラマ『ゴシップ #彼女が知りたい本当の○○』(フジテレビ系2022年1月期)などに出演し、人気沸騰中の一ノ瀬颯。かつて芸人を目指していた渡辺淳史(わたなべあつし)役は、NHK連続テレビ小説なつぞら』(2019年)、『エール』(2020年)、『おちょやん』(2020~2021年)の朝ドラ3作品を始め、多作品で独特の存在感を醸し出す個性派俳優・坂口涼太郎。小説家志望の小倉靖男(おぐら・やすお)役には、映画『サマーフィルムにのって』(2021年)やドラマ『消えた初恋』(テレビ朝日系2021年10月期)などに出演し、今後の活躍が期待される若手俳優・池田永吉。最年少弟キャラの西健太(にし・けんた)役は、藤岡真威人が演じる。藤岡は、俳優の藤岡弘、を父に持ち、映画『仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ』(2021年12月公開)で50年前に父親が演じた役と同じ仮面ライダー1号本郷猛役)を演じ話題を集める。その他、ドラマ『恋に無駄口』(ABCテレビ朝日系2022年4月期)にも出演するなど、人気急上昇中の大型新人俳優の一人だ。そんなタイプの異なる、十人十色イケメン俳優陣の演技にご注目頂きたい。


第二部からの登場人物には、宙や馬場の先輩となる陸上自衛隊員として、ますます目が離せない最強イケメン俳優が勢ぞろいした。クールイケメン・風間速人(かざま・はやと)役を実力派俳優の工藤阿須加が演じる。工藤は、木村拓哉主演で大きな話題を呼んだ特別ドラマ『教場』シリーズフジテレビ系/2020、2021年)を始め、『緊急取調室 第4シーズン』(テレビ朝日系2021年7月期)や映画『ハケンアニメ!』(2022年5月公開)などに出演。最近では、俳優業だけでなく、農業の場でも活躍するなど、新たな一面を見せる工藤。そんな工藤が今作では、どんな演技を魅せてくれるのか期待がかかる。その他、ギャンブル好きの金子慎也(かねこ・しんや)役に、『おいハンサム!!』(東海テレビフジテレビ系2022年1月期)を始め、『いいね!光源氏くん』シリーズNHK総合/2020、2021年)や『おじさんカワイイものがお好き。』(読売テレビ日本テレビ系2020年8~9月)などで、さまざまなキャラの濃い役もこなし、その度に話題を集めてきた演技派俳優・桐山漣チームのボス的存在で筋肉マニアの大木隆之(おおき・たかゆき)役は、『ミステリと言う勿れ』(フジテレビ系2022年1月期)の出演や、舞台『BASARA』(2022年1月)で演出家デビューするなど、多方面で活躍中の俳優・久保田悠来が演じる。優れた頭脳の持ち主・野村晴樹(のむら・はるき)役には、『危険なビーナス』(TBS系2020年10月期)や『SUPER RICH』(フジテレビ系2021年10月期)などに出演し、今大注目の若手俳優・結木滉星がキャスティングされた。また、宙と関わりを持つことになる一般人オリンピック候補生・芝山勝也(しばやま・かつや)役には、若手俳優の水沢林太郎が出演。水沢は、『俺の話は長い』(日本テレビ系2019年10月期)や『17.3 about a sex』(ABEMA2020年)などに出演する他、メンズノンノ専属モデルとしても活躍する、今大注目の若手俳優の一人だ。以上のイケメン俳優陣が加わることで、さらなるイケメン数値が上がるとともに、ますます今夏大注目の熱血青春ドラマになることは間違いないだろう。


さまざまな事情を抱え、集まってきた青年たちが、“陸上自衛隊”という天職に出会ったことがきっかけで、大切な仲間と出会い、友情に芽生え、時には恋をし、さまざまな経験を経て人とのつながりの大切さに気付き、少しずつ成長していく。そして、“やけっパチ”な考えで入隊した青年たちが、陸上自衛隊員になるために悪戦苦闘しながらも、日々成長していき、自衛官にとって身を守る鉄帽=“テッパチ”をかぶるにふさわしい一人前の自衛官になったとき、未熟で“やけっパチ”だった人生が、本物の“テッパチ”人生へと変わっていく―!笑いあり!涙あり!知られざる陸上自衛隊の内情をリアルかつコミカルに描き、“今の私たちに必要なこと”を改めて感じさせてくれる熱血青春ドラマ『テッパチ!』は、7月放送スタート。また、個性あふれるイケメン俳優陣の魅力あふれる役柄の詳細やカッコ良すぎるビジュアルなどは、随時HPやSNSで解禁予定なのでお見逃し無く。


コメント

北村一輝

防衛省全面協力のもと制作される“陸上自衛隊を舞台にしたドラマ”だと聞き、迫力のある作品になりそうだと思いました。商船学校に通っていたため、寮生活や団体行動、連帯責任など自分自身も経験したことと重なり、独特な世界観に懐かしさを感じました。個性あふれる候補生たちとのエネルギッシュでパワフルなやり取りに体力がいりそうです。そして、陸上自衛隊の教官役は初めてですが、アニキ的存在でいれるような人物像にしたいと思っています。男ばかりの熱いエネルギーのある若い俳優さんに、真のカッコよさ、そして暑い夏ドラマにご期待ください!」


◆企画:渡辺恒也(フジテレビ編成部)

「自衛官候補生たちにとっての兄貴分でもあり、父親のような存在でもある八女教官を北村一輝さんに演じて頂くことができて、本当にうれしく思います。その毅然とした佇まいと、厳しさの中にも大人の包容力や余裕を感じさせる、北村さんにしか作り出せない八女教官像が見られることが、今からとても楽しみです!そんな八女が育て上げていくことになる第一部の自衛官候補生役には、これ以上ないくらいエネルギッシュでフレッシュな面々がそろいました。一人前の自衛官を目指す若者の情熱や、それぞれが抱える人生の不安や葛藤を、豊かに表現してくれることを期待しています!続く第二部のキャストにも、工藤阿須加さんをはじめ、第一部キャストエネルギーに負けないくらいパワフルな実力派俳優陣が集結します!役柄としても撮影においても、先輩自衛官として後輩の目標となり、現場を引っ張っていってくれることと思います。後半のストーリーのキーパーソンとなる、若手注目株・水沢林太郎さんにもご注目ください。既に発表済みの町田啓太さん・佐野勇斗さんに加わり、総勢14名の人間味と個性あふれるイケメンたちが集結するドラマ『テッパチ!』暑い夏をもっと熱くする競演に、是非ご期待ください!」


◆企画・プロデュース:栗原美和子(共同テレビ) 

「14名のイケメンが勢ぞろいしました! 既に発表されていた町田啓太さん・佐野勇斗さんに、さらに12名が加わります。 第一部では、若くてエネルギッシュな俳優陣が、自慢のシックスパックを披露しつつ、 粗削りな訓練生を演じて下さいます。第二部では、少し大人な俳優陣が、色気と個性 を発揮しつつ、破天荒な自衛官を演じて下さいます。プラス、水沢林太郎さんは唯一、自衛官ではない役ですが、大ブレイク中の若手俳優さんなので、大いに期待しています。 そして、北村一輝さんは、第一部と第二部を通しての登場です。明るく頼もしい兄貴的存在の熱血教官で、若者たちを物語と同様に撮影現場でもグイグイ引っ張って下さること、間違いありません。シックスパックという視点でも、若者たちに勝る肉体美を披露して下ることでしょう。この夏、視聴者の皆さんに、14名の熱いイケメンたちの魅力を満喫して頂きたいと思っています!」


【関連】佐野勇斗、フジテレビ系7月期水10ドラマ 町田啓太主演『テッパチ!』出演


『テッパチ!』

7月スタート 毎週(水) 22時22時54分

©フジテレビ

ドワンゴジェイピーnews


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【町田啓太主演『テッパチ!』最強イケメンキャスト12人一挙解禁】の続きを読む

このページのトップヘ