エンターテイメントまとめサイト

楽しいブログを開設致しました! 是非、ご覧になって日常の生活にお役立て下さい!

楽しいブログを開設致しました!
是非、ご覧になって日常の生活にお役立て下さい!


 7月5日放送の日本テレビ系踊る!さんま御殿!!』に出演した、ものまねタレントYouTuberの丸山礼の発言が物議を醸している。

 この日の『さんま御殿』は3時間スペシャル。後半には「浴衣女が火花バチバチ&激アツ家族集合SP」と題し、NMB48渋谷凪咲鷲見玲奈、浅田美代子らが夏らしく浴衣姿で出演。普段抱えている「男性への不満」を明かした。

 物議を醸したのは、「愚かだなと思う男の言動」というトークテーマで丸山から飛び出た、見かけたら思わず笑ってしまうという男性の仕草だった。

 ​>>好きな人に午前4時100回電話、「本当やばい」「怖い」丸山礼の恋愛エピソードにドン引きの声 小杉も「陽気なストーカー」指摘<<​​​

 丸山が笑ってしまうと語ったのは、集合写真を撮る際、一番前方にいる男子がおちゃらけて寝そべる仕草。見かけるたび「恥ずかしくないのかな」と感じているという。

 スタジオでは丸山の実演もあり、女性陣も「分かる!」と大いに盛り上がっていた。

 さらに丸山は南国に旅行に行った際、ラッパーのようなポーズで集合写真を撮る男性にも「寝そべり」と同じような違和感を抱いているという。

 ラッパーのようなポーズで写真を撮る男性について、丸山は「ヒロミさんとかがこういうのやってるのは分かるんですよ。木梨憲武さんとかがこういうのやってるのは分かるんですけど、本当に一般ピーポーの方が…」とポーズを決め、芸能人以外がおちゃらけたポーズをとるのは恥ずかしいと持論を展開した。

 この丸山の発言について明石家さんまは「一般ピープル(だ)からやぞ!これは」と笑いながらフォローしこのテーマは終了した。

 放送後、丸山の「一般ピーポー(ピープル)」を批判する言動に対しネットでは「一般ピーポーって芸能人がそんなに偉いの?」「選民思想まるだしでダサい」「一般人をバカにする必要ある?」「何様のつもりなの?」「今の発言で丸山が嫌いになった」「先輩はOKで一般人はダメという考え方はどうなの?」といった声が相次いでいた。

 丸山は現在、活動の中心をSNSYouTubeに移行しており、YouTubeの登録者数は120万人を超えている。

 現在の丸山の活動を支えているのは丸山がやゆした「一般ピーポー」そのもの。今回の発言は丸山を応援していた視聴者にとってはショックだったに違いない。

丸山礼


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【『さんま御殿』丸山礼に「芸能人がそんなに偉いの?」批判の声 「一般ピーポー」発言に不快感】の続きを読む


 ダウンタウン松本人志が、7日放送の『秘密のケンミンSHOW極&ダウンタウンDX超豪華合体スペシャル! 夏のデトックス祭り!』(読売テレビ日本テレビ系)に出演。「新幹線トイレ」にまつわるモヤモヤについて話すという。

【写真】“松本人志ものまね”JPが浜田雅功とMC!? 『ダウンタウンDX』で初の試み

 今回の放送には、アインシュタインウエストランド・井口浩之、次長課長河本準一土田晃之、松嶋尚美、みりちゃむがゲスト出演。「夏のデトックス祭り! これってちょっとおかしくないですか!?」と題して、モヤモヤやうっぷんを語る。

 次長課長河本準一は「公共のトイレ」に関するモヤモヤを披露。「ちょっとしか残っていないトイレットペーパーをそのままにしている人がいるじゃないですか。なんで交換してくれないんですかね!?」と話す。この話題に松本は「あと2回転くらいで、トイレットペーパーが終わるのに替えない人、おるよな!」と同感。河本が「俺、30年間くらい、ずっと替えているんですよ」と苦笑すれば、松本は「オレも結構やってるよ、前のヤツが逆方向からケースに入れたトイレットペーパーも替えてる」と再び頷く。

 さらに松本は「新幹線トイレットペーパーが鋭利過ぎて、次の始まりが分からんくて。何度も回して、ハムスターみたいになってることもあるもんな!」と熱弁する。ウエストランド・井口浩之が「トイレットペーパーのすぐに千切れるやつ! その切れやすさ、優しさはいらないじゃないすか!」と畳み掛ければ、松本は「すいません、お一人だけ熱が違うんですけど…」と苦笑するという。

 『秘密のケンミンSHOW極&ダウンタウンDX超豪華合体スペシャル! 夏のデトックス祭り!』は、読売テレビ日本テレビ系7月7日21時放送。『ダウンタウンDX』部分は22時ごろから。

7月7日放送『秘密のケンミンSHOW極&ダウンタウンDX超豪華合体スペシャル! 夏のデトックス祭り!』より『ダウンタウンDX』部分 メインビジュアル (C)ytv


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【松本人志、“新幹線のトイレ”への不満「ハムスターみたいになってる」】の続きを読む


なぜ日本の経済成長率は先進国最低になってしまったのか。ひろゆきさんと成毛眞さんは「たとえばコンビニで小銭を使う人が多い。便利でおトクなデジタル決済を使わないのは、『自分は頭が悪くて、新しいことを覚える気がない』と表明しているようなもの。そんなレベルだからデジタル化が遅れてしまった」という――。2人の共著『考えて生きる 合理性と好奇心を併せもつ』(集英社)より一部をお届けする――。(第3回)

■リモートワークを推奨しない会社は潰れていく

ひろゆき僕は、日本でもっとリモートワークが普及すると思ってたんですけど、意外とそうでもない感じですね。

成毛眞どういうことですか?

【ひろ】例えば、コロナ禍で僕が住んでいるパリの地価は下がりましたが、パリから車で1時間くらいの都市の地価は上がったんですよ。日本だと「本厚木が住みたい街ランキングで1位になった」というニュースはありましたが、都心からガッツリ人が流出したという話は聞かないですよね。

【成毛】まあ、不動産価格が上がっているのは東京ですからね。

【ひろ】リモートワークができるのに都心に住むのはもったいないと思うんですよ。千葉県とか神奈川県に引っ越せば、同じ家賃で海沿いの広い家で楽しく暮らせたりもできるわけですから。

【成毛】僕の仕事場は熱海のマンションなんですけど、非常に快適です。新幹線なら約40分で品川に着きますから。

【ひろ】最近は「出社する」流れが復活しつつありますけど、そういう会社って費用対効果が悪いので、どんどん潰れていくと思うんです。「出社がマスト」だと都心のアクセスのいい場所にそこそこの広さのオフィスが必要ですよね。すると、どうしてもコストがかかる。

【成毛】リモートワークに移行している会社と比べると、コストは大きくかかりますよね。

【ひろ】なので、結果的にリモートワークを推奨しない会社は、淘汰されていくんじゃないかと思うんです。

【成毛】まあ、日本の「コロナ禍」はまだダラダラと続いていくでしょうしね。

【ひろ】あ、そうっすか? フランスは、日常が戻りつつありますけどね。

■日本人はダラダラと自粛を続けていく

【成毛】日本人の習性として、集団免疫を獲得するまでは、ビビってダラダラと自粛を続けていくんじゃないかと思います。そう感じたのが第5波(2021年8月ピーク)のときです。第3波(21年1月ピーク)と第4波(21年5月ピーク)のときは、政府の言うことを聞かないで出歩く人も多かったのですが、都内の新規感染者数が5000人を超えたあたりから「これはヤバい」とみんなが思い始めた。そして、政府に言われなくても勝手に自粛するようになりましたよね。でも、東京都の人口は約1400万人ですからね。

【ひろ】ですよね。日本に第5波が来た頃、フランス人は普通に外出していました。新規感染者も死者も増えてましたけど、フランスは「感染しても知ったこっちゃない」という感じで「経済を戻す派」でした。日本は「感染が怖い」から、「ひたすら経済を止める派」でしたよね。

【成毛】ですから、コロナ前のような状況に戻るのは何年も先でしょうね。そうなるとコロナが収束したからといって、「オフィスに出社する流れに戻る」なんていう心配は不要だと思います。

【ひろ】ですね……。

■感染を恐れるのにITサービスは使わない日本人

【成毛】不思議なのが、通常の肺炎で毎年約10万人が死んでいるのに、そういう数字を気にせず、とにかくコロナで死者が出たら大騒ぎをするという風潮です。ちなみに誤嚥性肺炎での死者は、これに加えて約4万人。

【ひろ】僕が不思議に思うのは「コロナに感染するのが怖いのなら、もっとIT系のサービスを駆使すればいいのに」ってことなんですよ。スーパーに買い物に行くのがいやならウーバーイーツを頼むとか、雑菌だらけの現金を使わないでキャッシュレスにするとか。しかも、専門的な知識は不要で、ちょっと学べばできることですよね。それなのに使おうとしない。

【成毛】それは高齢者だけの問題じゃないですよね。僕はコンビニのレジを待っているときに、しょっちゅうイラつくんです。会計が286円だったら、50円玉お釣りがほしいからといって、一生懸命、財布の中にある小銭を数えて336円を払う人がいるでしょ。あれ、若い世代でもいますからね。

【ひろ】僕、今年現金を使ったのって数回程度ですよ。むしろ現金を使うほうが珍しい。なので、日本の小銭ジャラジャラ文化を見ると、日本はまだまだ昭和だなと。

【成毛】現金派はクレジットカードに対する不信感がありますよね。「お金を使っている実感がない」とか「ついつい使いすぎてしまうから」とか言いますが、「使いすぎる」ってどういうことなのか。中学生でもお小遣いの自己管理はできるでしょう。

【ひろ】アプリなら使用明細が見られますし、クレジットカードは不正利用されても補償される。「そもそもお金がない」と嘆く人もいますが、それならよけいにクレジットカードを使うべきなんです。年会費無料でも、ポイント還元率が1%のカードとかがたくさんあって、それを使えば実質1%引きで買えるわけですから。

【成毛】僕なんてクレカにひもづけたモバイルSuicaを使ってポイントの二重取りをしているくらいですよ(笑)。でも、その横で小銭を出している人がいる。もはやデジタル化以前の問題。

■デジタルを活用しないのは「私は頭が悪い」と言っているようなもの

【ひろ】目の前に便利なものがあっても、それを使おうとしない。日本は先進国の中でも一番低い経済成長率です。それはIT系の活用が遅れていることがひとつの原因といわれているじゃないですか。

【成毛】そうですね。そんなレベルなので、デジタルを活用するのが、遅れに遅れるのは当然。「カードだと、お金をつい使ってしまう」なんていうのは、すべてのデジタル化を阻む原因ですよ。だって、便利になってほしいとか生産性を上げてほしいという要求がないわけですからね。

【ひろ】それって「自分は頭が悪くて、新しいことを覚える気がない」と表明しているようなもので、本来、恥ずかしいと思うべきことじゃないですか。

【成毛】いや、恥ずかしいと思ってないかもしれませんよ。むしろ、昭和の頃のほうがそういったコンプレックスを持っていた。

【ひろ】昔は「自分はわからないから、頭のいい人に任せよう」という感覚がありましたよね。でも、今って中途半端に頭の悪い人が、「俺がわからないのはおまえのせいだ。わかるように説明しろ」っていう流れがある。

【成毛】それはSNSの影響が大きいかもしれませんね。論理的にものが考えられない人にも発言権が与えられたでしょ。しかも、日本語は読めても、文章の意味をきちんと理解できない人も多い。

【ひろ】昔は、ある程度の知性がないと、メディアで発言する機会もなかったわけですからね。

【成毛】そうやってSNSで発言し、自分はまともだと思って、自分の価値観生きる。まあ、それはアメリカ人も同じですけどね。

【ひろ】それでもアメリカが成長しているのは、とんでもないバカがいる一方で、一部の天才がすごいシステムを作って帳尻を合わせているからですよね。でも、日本はどっちもいないから悲惨な状況だったりします。

【成毛】だから、日本のデジタル化が進むのはもう少し時間がかかりますね。

【ひろ】ですね(笑)

■中国で電子マネーが一気に普及した理由

【ひろ】前回は「日本でデジタル化が進まない理由」でした。成毛さんによると、その要因のひとつは、コンビニでジャラジャラと小銭を使って支払う客だと……。

【成毛】そうですね。電子マネーを使えば利便性がいいだけでなく、ポイント還元もついてくる。使わない理由はないはずなのに、それでも現金を使い続ける。そういう思考は「便利になったほうがいい」という欲求がないわけで、デジタル化を阻む原因になります。まあ、だからといって、すべてが悲観的だとは思っていませんけどね。

【ひろ】というと?

【成毛】もちろん、コンビニのレジで待たされるのは腹が立ちますよ(笑)。ただ、「リープフロッグ(一足跳び)」があると思っているんです。中国で電子マネーが急激に進んだのは、紙幣の製造技術が低く、かつ治安が日本ほど良くないからでした。つまり、偽札が横行したり、高額紙幣を持ち歩くのが怖いという理由があった。そのため、スマホを使った決済が急速に広がった。

【ひろ】電子マネーにしないと怖くてしょうがない」という側面があったわけですね。

【成毛】でも、日本では偽札をつかまされることはまずないし、数万円持ち歩いていても安全。電子マネーに進化する大きなきっかけがなかった。ただ、次のタイミングで、中国のような現象が日本でも起きるんじゃないかと。現金から電子マネーに急速に変わったような僕らの想像を超えることが起こるんじゃないかと思っています。

■固定電話のないアフリカではスマホとモバイル決済が一気に普及した

【ひろ】歴史的に見ても日本は「浮世絵」など世界でも珍しい文化をつくっちゃいましたからね。

【成毛】すると、今の世代は負けていても、次の世代で勝てるかもしれない。

【ひろ】ただ、ある程度隔絶されていないと成立しないかもですね。浮世絵って、鎖国していて外国の文化がほとんど入ってこない状況だったから独自の進化を遂げた。今は、なまじ西洋の文化が見えちゃう時代なので。

【成毛】さすが、ひろゆきさん。一発で論破されちゃった(笑)。確かに「隔絶していないと成立しない」というのはいえていますね。

【ひろ】例えば、アフリカなんかでは固定電話の回線が整っていないし、パソコン先進国みたいに普及していない。でも、安いスマホは多くの人が持っているってことで、モバイル決済やモバイルバンキングが世界に先駆けて普及しましたよね。これもリープフロッグのひとつですが、日本はこうしたインフラもある程度、すでに整っているんですよね。

【成毛】そうですね。僕は、まだガラケーを使っていた時代にベトナムを旅行したら、農家の人が普通に携帯電話を持っていて驚いたんですよ。でも、よく考えたら固定電話の回線が引かれていないから、そうなるのは当然だった。

■「新しいものを寄ってたかって潰す」日本の国民性

【ひろ】んで、日本はリープフロッグを起こしそうな先進的な技術も政治や行政が潰しちゃうんですよね。例えば、日本のラジコンヘリコプター業界って世界の先端を行っていた。その流れがあったので、ドローン技術でも世界を席巻することができたと思うんですよ。でも、ドローンが出てくると危険だとかいろいろな理由をつけて法律で規制してしまった。結果的に日本のメーカーは壊滅的になりました。

【成毛】確かに、規制の問題はありますね。

【ひろ】日本は「まったく新しいもの」が出てきたときに「寄ってたかって潰す」国民性がありますよね。先進国セグウェイが公道を走れない国って日本だけじゃないですか? なので、パーソナルモビリティが普及しているヨーロッパと比べるとビックリします。日本では、昔と移動の方法が基本的に変わってないんですよ。車と自転車と徒歩。「昭和のままだな~」と帰国するたびに思います。ということで、技術はあっても法律で規制するので、リープフロッグも起きづらいかなと。

【成毛】そういう日本の特徴を示しているのが、ロケットの打ち上げで失敗したときですよ。あれは“実験”なんだから、失敗してナンボ。たくさん失敗して「どこが失敗するのか」をわかったほうが得なんです。10回失敗して課題を全部潰せたら、11回目からはバンバン飛ぶわけだから。

【ひろ】「失敗を多くした人は、同じ失敗をしないから安全」というふうに考えられるんですけどね。まあ、日本にはない感覚ですけど。

【成毛】ないですね。

【ひろ】絶対に失敗しないコツは「何もしないこと」なので、結局、失敗もしていないけど、何もしていない人がトップになる。すると何も進まない。

【成毛】そこに病根があるとしたら、この日本は10年や20年では変わらないでしょうね。日本はこのまま経済的にも昔のような勢いは取り戻せないと思っています。

■日本は経済大国よりもスペインを目指すべき

【ひろ】経済的にダメになった国は、物価が安くなりますよね。この前、スイスバーガーキングに行ったらふたりで5000円もしました。なので、日本に帰ると物価がめっちゃ安いと感じるんですよ。しかも、治安もいいしサービスも行き届いている。すると外国人から人気の国になる。コロナが収束したら、インバウンド需要は激増して観光業界や飲食業界はうまくいくんじゃないかと思います。

【成毛】おっしゃるとおり。通貨の実力を測る総合的な指標である「実質実効為替レート」で見ると、日本円は適正レートの7割くらいだと思うんです。これは輸出産業にとってはお得な状況ですけど、考えてみれば日本にまともな輸出産業なんてなくなってしまいましたよね。みんな海外で生産している。一方で観光業界や飲食業界はポテンシャルが高くて、今度はそっちが主力産業になっていくはず。すると、このまま円安でいいと(笑)

【ひろ】そうなっちゃいますよね。

【成毛】こういう話をすると「円安になると、外国製品を輸入するときに不利になる」と言われますが、実は日本が主に輸入しているモノってそもそも安くなってる。今、原油価格は上昇してますが、東南アジアインドなどからの輸入品価格はそもそも安い。中国も投げ売りを始めるかもしれない。だから、円安になってもあんまり困っていないんです。「日本が安くなった」と騒がれていますが、僕はこのまま推移すると思うな。

【ひろ】昔のように家電メーカー自動車業界が世界を席巻して、ガンガン輸出して稼ぎまくる時代を目指さなければ、日本は意外といいポジションになれると思うんですよ。

【成毛】そう。だから、僕は「日本はスペインを目指せ!」と思っています。

【ひろ】スペインは経済的には微妙ですけど、治安がよくて長寿の国で、ご飯もおいしいし、ダラダラ過ごしていても国民は幸せそうですよね。

【成毛】観光地もたくさんあって食べ物もおいしいので、日本も同じポジションが狙えます。

【ひろ】昔の栄光にすがって経済大国を目指すよりは、スペインのようなポジショニングのほうが現実的で、実はお得なのかもしれませんね。

----------

成毛 眞(なるけ・まこと
HONZ代表
1955年北海道生まれ。中央大学商学部卒業。自動車部品メーカーアスキーなどを経て、1986年、日本マイクロソフト入社。1991年、同社代表取締役社長就任。2000年に退社後、投資コンサルティング会社インスパイア設立。2010年、書評サイト「HONZ」を開設、代表を務める。

----------

----------

ひろゆきひろゆき
2ちゃんねる創設者
東京都北区赤羽出身。1999年インターネットの匿名掲示板「2 ちゃんねる」を開設。2015年に英語圏最大の匿名掲示板4chan」の管理人に。YouTubeチャンネルの登録者数は150万人。著書に『ひろゆき流 ずるい問題解決の技術』(プレジデント社)など。

----------

撮影=村上庄吾


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【ひろゆき×成毛眞「いまだにコンビニで現金を使う人は、自分は頭が悪いと表明しているのと同じだ」】の続きを読む


🎤テッパチ!白石麻衣(29)かわいすぎる自衛官姿、現役自衛官に感想を求めた結果……シビアすぎた


フジテレビの新ドラマ『テッパチ!』が2022年7月6日22時からスタートします。白石麻衣さんは陸上自衛隊・教育隊の教官、桜間冬美役を演じます。白石麻衣さんの自衛官姿が可愛すぎますよね!多くの現役自衛官も、テッパチ!の放送を楽しみに待っているのではないでしょうか。そこで、現役自衛官に白石麻衣さんの自衛官姿について感想を聞いてみたところ、シビアすぎるお言葉をいただきました……。

白石麻衣、テッパチ!の自衛官姿が可愛すぎ!

7月6日22時より、フジテレビ新ドラマ『テッパチ!』がスタートします。

自衛隊好きの方はもちろん、現役自衛官の方も注目しているドラマではないでしょうか。

なんと言っても、白石麻衣さんの自衛官姿が可愛すぎますよね!

清楚な制服姿にキリっとした笑顔。

こんな教官がいるのなら、自衛官候補生となって教育訓練を受けてみたい!と妄想してしまいそうです。

現役自衛官に白石麻衣の役柄について聞いてみたらシビアすぎた

制服姿もかわいいですが、迷彩服姿は最高オブ最高。

このインスタグラムを、男性の現役自衛官に見せて感想を聞いてみました。

白石麻衣の迷彩服姿、可愛いですよね!

うぉ!めっちゃ可愛い!
防衛大学卒でエリート幹部という設定ですね。
まいやんって28歳?
年齢的にも実際にいそうな感じで、役柄的にはいい人選だと思います。

町田圭太さん演じる国生宙が、一目ぼれしてしまうんですよね。

まいやん可愛いもんね。
でも実際にはあんなに可愛い幹部いませんから!
あんなに可愛い教官がいたら自衛官候補生爆増でしょう。
あと、あんなに化粧が濃い女性自衛官もいません。

結構シビアなコメントですね。

ちなみに、この話を横で聞いていた女性自衛官が反論!

あんなにかわいい女性自衛官はいないっていうけれど、ドラマに出てくるようなカッコいい男性自衛官もいませんから!!
細マッチョの男性自衛官とかほぼいないから!!

なるほど、イケメン自衛官や美女自衛官はドラマの中だけ……。

なんとなくわかってましたけどね、実際に聞くとリアルです。

とはいっても、まいやんのかわいすぎる自衛官姿が見たいので水曜22時はテレビの前で正座待機!

また、航空自衛隊の名称を「航空宇宙自衛隊」に改称するという報道もありましたが、これについても現役自衛官に率直な意見をインタビューしています。

白石麻衣プロフィール

芸名(読み):白石麻衣(しらいしまい)
生年月日:1992年8月20日
出身地:群馬県
2011年に開催されたアイドルグループ「乃木坂46」の第1期生オーディションに合格し、翌年発売された1stシングル『ぐるぐるカーテン』でデビュー。
2020年にグループを卒業し、以降は役者やYouTuberとして芸能活動を継続している。

source:タレント辞書, テッパチ!

【日時】2022年07月06日 21:00
【提供】秒刊SUNDAY
【関連掲示板】

【🎤テッパチ!白石麻衣(29)かわいすぎる自衛官姿、現役自衛官に感想を求めた結果……シビアすぎた】の続きを読む


🎤優里、セルフカバー曲『タイムマシン』が7月12日(火)にデジタルリリース!


優里 アーティスト写真

セルフカバー曲『タイムマシン』がデジタルリリース!

発売中の1stアルバム『壱』(読み:いち)が、オリコンデイリーアルバムランキング1位、オリコン週間合算アルバムランキング2位、オリコン週間デジタルアルバムランキング1位、各配信サイトでも1位を獲得、23冠達成と、 CDとデジタルの両方でロングヒット中のハイブリッドシンガーソングライター優里の、2曲目のセルフカバー曲となる新曲『タイムマシン』が、7月12日(火)にデジタルリリースされることが決定!

優里「タイムマシン」歌詞の意味を考察。10年後の君と僕はどうなっている?

7月7日(木)七夕の日からiTunesでプリオーダーがスタートすることも発表された。

ニューデジタルシングル『タイムマシン』は、優里と、優里の楽曲の編曲を担当しているCHIMERAZがそれぞれ制作した別々の楽曲を、優里ちゃんねるメンバーでもある新進気鋭のアーティストBAKが歌い、どちらの楽曲が多く再生されるか?!という、優里ちゃんねるの楽曲対決企画から誕生した楽曲で、ツアーでは優里自身がセルフカバーし、ファンの間でもリリースが待ち望まれていた人気曲。

2021年の7月7日七夕にリリースし現在もロングヒット中の初のセルフカバー曲『シャッター』に続く、自身2曲目のセルフカバー曲のリリースとなる。

また、ソロアーティスト初のストリーミング6億回再生突破のバイラル大ヒット曲『ドライフラワー』、2億回再生突破の 『かくれんぼ』『ベテルギウス』『シャッター』、1億回再生突破の『ピーターパン』、MVが1800万回再生突破など人気のアルバム曲 『レオ』、ピアノverも話題の『ミズキリ』など全16曲を収録した、優里の音楽と歌の ”歩み”と”今”が詰まった1st アルバム『壱』がロングヒット発売中となっている。

男性ソロアーティストとして初めて、『ドライフラワー』『かくれんぼ』『ベテルギウス』『シャッター』と4曲がストリーミング累計2億回再生突破し、2022年もそのハイブリッドな活動の勢いが止まらない優里の、ロングヒット中の1stアルバム『壱』と、自身2曲目のセルフカバーとなる最新曲『タイムマシン』を聴いて、優里の音楽と歌を五感で感じて欲しい。

リリース情報





■優里ニューデジタルシングル

『タイムマシン』

iTunes、Spotifyなど各配信サイトにて7月12日(火)午前0時より順次配信スタート!

iTunesにて7月7日(木) 午前0時よりプリオーダー(予約注文)スタート!

※状況により開始が遅れる場合がございます。
【日時】2022年07月06日
【提供】UtaTen

【🎤優里、セルフカバー曲『タイムマシン』が7月12日(火)にデジタルリリース!】の続きを読む

このページのトップヘ