エンターテイメントまとめサイト

楽しいブログを開設致しました! 是非、ご覧になって日常の生活にお役立て下さい!

楽しいブログを開設致しました!
是非、ご覧になって日常の生活にお役立て下さい!


🎤大政絢、ラフなパーカー&メガネでオフモード?フードを被った可愛らしい姿にキュン!


大政絢

大政絢、「理想ノカレシ」フードを被ったリラックススタイルが可愛すぎる

現在放送中のドラマ「理想ノカレシ」の公式Instagramが、大政絢のオフショットを公開した。

「優芽子役 大政絢さんのオフショット♡オフモードの優芽子が外に出て…?本編をお楽しみに」というコメントと共に公開されたのは、パーカーを着た大政絢の姿だ。

メガネを掛けて、パーカーを着た大政絢。

フードを被りにやりと笑う姿は、何ともおちゃめで可愛らしい。

ナチュラルな雰囲気が魅力的な1枚は、見ているだけで癒される。

おちゃめで可愛らしい姿を披露してくれた大政絢。

次はどんな魅力的な姿を見せてくれるのか、今後の投稿にも注目していきたい。

【日時】2022年07月06日
【提供】UtaTen

【🎤大政絢、ラフなパーカー&メガネでオフモード?フードを被った可愛らしい姿にキュン!】の続きを読む


🌍風俗で「出稼ぎ海外渡航」日本人女性の急増でアメリカは厳重警戒、入国拒否も


風俗で「出稼ぎ海外渡航」日本人女性の急増でアメリカは厳重警戒、入国拒否も
ドバイへの “出稼ぎ” を誘われたというB子さん

「あんな怖い思いをしたのは初めてです。もう2度と米国には行きたくありません。もっとも、行きたくても行けませんが……」

 と、こわばった表情で “恐怖体験” を語るのは都内に住むエステティシャンのA子さん。褐色の肌に堀の深い美しい顔立ちは、スペイン系フィリピン人の母と日本人の父から受け継いだものだ。

 冒頭の “恐怖体験” は、昨年6月に米ニューヨークの空港で起きた出来事だった。A子さんが続ける。

「コロナ禍で、私がもともと働いていたエステ店が休業してしまいました。そこで私はエステふうの風俗店で働いていたんです。

 そんななか、その風俗店を紹介してくれたスカウトから『いい稼ぎ場所があるよ』と誘われたんです。それが、米国への “出稼ぎ風俗” でした。

 当時米国は、入国前の3日以内におこなったPCR検査の陰性証明書と、海外渡航用のワクチン接種証明書があれば入国は可能でした。海外にも行きたかったし、挑戦してみようとしたんです」

 海外への “出稼ぎ風俗” とは、その名のとおり、海外の風俗店に一時的に所属し、お金をもらうというもの。

「数日から数カ月のあいだ、海外の風俗店に在籍します。あらかじめ定められた出勤日数や勤務時間をクリアすると、お客ごとに得られる取り分とは別に、“保証” と呼ばれるまとまったお金も得られます」(風俗業界関係者)

 A子さんが誘われたのは、ニューヨークのすぐ隣、東海岸に位置するニュージャジー州のアトランティックシティだったという。アトランティックシティといえば、ラスベ..

【日時】2022年07月05日 20:00
【ソース】 Smart FLASH

【🌍風俗で「出稼ぎ海外渡航」日本人女性の急増でアメリカは厳重警戒、入国拒否も】の続きを読む


🎤Koki、頭コツン。ブルガリのクリエイティブディレクターと仲良しショット


Kokiの画像

Koki、リスペクトする憧れの人に会えた!

木村拓哉と工藤静香の次女であり、女優&モデルとして活躍中のKokiが6日、自身のInstagramを更新した。Kokiは、ブルガリのジュエリークリエイティブディレクター"Lucia Silvestri"との2ショットを公開。

Kokiは、彼女に対して「Finally @lucia_silvestri I was extremely happy to be able to see you!! I am always so inspired and filled with love Your passion, dedication and love is the warmest and biggest. I love you so much」と英語で綴り、会えたことへの喜びや彼女への尊敬の念を語った。

【写真を見る】Koki、父である木村拓哉と海デート?同日の投稿が話題に!

KokiとLucia Silvestriは、頭をコツンとくっつけて仲良し全開。憧れの人を前に、キラキラと輝く笑顔を浮かべるKoki。

仲睦まじい2ショットに多くの「いいね!」が寄せられていた。

【日時】2022年07月06日
【提供】UtaTen

【🎤Koki、頭コツン。ブルガリのクリエイティブディレクターと仲良しショット】の続きを読む


📊「やっぱりトヨタのEV開発力は劣っている」初の量産型EVで重大不具合、リコール


「やっぱりトヨタのEV開発力は劣っている」初の量産型EVで重大不具合、リコールの画像1
トヨタ「bZ4X」(「Wikipedia」より)

 昨年12月に2030年に電気自動車(EV)の販売台数を年間350万台にする方針を発表して、EVで出遅れていたというイメージの払拭に躍起になっているトヨタ自動車が、出足からつまずいた。満を持して市場投入した初の量産型EV「bZ4X」は、発売から1カ月過ぎで「考えられない」(関係者)重大な不具合が見付かり、販売を停止した。トヨタがEVの普及に否定的だった理由が露呈したかっこうで、業界関係者も呆れている。

 トヨタが5月12日から予約受付を開始したbZ4Xはスバルと共同開発したEVで、スバルは「ソルテラ」の車名で販売している。外観などの一部仕様が異なるものの、ほぼ同じモデルで、両モデルともトヨタの元町工場で生産する。自動車業界のトレンドであるEVに遅れているとされるトヨタとスバルが、このイメージを払拭するために重要なモデルとなるはずだった。トヨタは6月23日、bZ4Xとソルテラに不具合が見付かり、リコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

 不具合の内容は、急旋回や急ブレーキを繰り返すとタイヤを取り付けているハブボルトが緩む可能性があり、最悪の場合、タイヤが脱落するおそれがあるというもの。トヨタとスバルは両モデルの販売を停止するとともに、納入先に当面の措置として使用の停止を要請することにした。国内で事故は発生していないものの、海外市場で不具合が発覚したという。

 日本の大手自動車メーカーが生産する乗用車でタイヤが脱落するような不具合のリコールは珍しい。原因などは明らかになっていないものの、設計ミスの可能性がある。この不具合を知ったライバルの自動車メーカーの技術者は「やっぱりトヨタはEVの開発が苦手なのでは」と指摘する。

環境対応車がEV一本に絞り込まれることに反発

 トヨタは世界初の量産型ハイブリッド車(HV)の開発に成功したこともあって、環境対応車としてHVを重視してきた。エンジンを搭載しないEVはエンジン系や排気系などの部品を製造するサプライヤーの仕事がなくなり、系列で固めたトヨタグループとしての強みが発揮できなくなるとの危機感もある。

 欧米自動車メーカーはHV技術ではトヨタが先行していることもあって、環境対応車としてクリーンディーゼル車を有力視していた。しかし、フォルクスワーゲン(VW)グループのディーゼル車不正問題の発覚を機に、ディーゼル車市場が縮小すると、EVに比重を移してきた。さらに、カーボンニュートラルへの意識が高まると、走行中の二酸化炭素排出量がゼロのEVが環境対応車の本命と位置付けられ、世界中でEVシフトが本格化している。

 欧州で2035年にHVを含むエンジンを搭載している自動車の販売禁止が打ち出されるなど、エンジン車の規制強化を前に、HVにこだわってきたトヨタもついに昨年12月、EVに大きく舵を切る。トヨタの豊田章男社長が両手を広げるお得意の「寿司ざんまい」ポーズで、軽自動車からスポーティモデルまでEVのコンセプトモデル16車種を一気に披露。「EV本気」を宣言した。トヨタの技術担当役員は、出遅れているEVの開発力を疑問視されても「HVは電動車であり、EVはHVの延長線上にあるので、開発に関する長年の知見がある」としてきた。

 トヨタはEVに本腰を入れるとしながらも、HVや燃料電池車、合成燃料など、パワートレインの全方位戦略の旗は降ろしていない。豊田社長は「(環境対応車の)選択肢をせばめたくない」と、自身が会長を務める日本自動車工業会を通じて、環境対応車がEV一本に絞り込まれることに強く反発していた。

 しかし、発売直後のbZ4Xに不具合が見付かったことで「トヨタのEV開発力が劣っていることを露呈した」との見方が広がっている。

bZ4Xの国内販売は苦戦

 さらに、トヨタがEVの開発力の遅れの時間稼ぎのため、日本の他の自動車メーカーも巻き込んでEV一本鎗とならないよう活動してきたのではないかという疑惑が持たれている。豊田社長が21年11月、日本自動車工業会の会長職続投を表明し、今年から異例の3期目に入ったのも、日本の自動車業界や政府が環境対応車としてEV推進一辺倒となるのを阻止するのが目的と見られている。

 そもそもトヨタは「国内ではEVを本気で売る気がない」との指摘がある。bZ4Xは国内市場では初年度5000台を販売する計画だが、法人向けリースとサブスクリプション方式とよばれる個人リースのみの販売となる。価格は契約申し込み金77万円と、国の補助金を利用して月額約8万8000円。

 スバルのソルテラは一般向けに販売しており、国の補助金が支給された場合の価格は約509万円。bZ4Xはメンテナンスコストなどが含まれるとはいえ、5年乗るとソルテラを購入できるほどの費用を払いながらも契約期間終了後、クルマはトヨタへ返却する。

 bZ4Xが高額になったのは理由がある。それは従来のガソリンエンジン車の系列サプライヤーを積極的に活用したためだ。bZ4Xのサプライヤーはデンソーやアイシンといった既存のトヨタ系大手サプライヤーばかりだ。部品メーカーの幹部は「EV用部品の開発や生産の経験の浅いトヨタ系サプライヤーからの部品を優先的に調達したことから、価格競争力が低くなった」と分析する。

 案の定というか、bZ4Xの国内販売は苦戦している。それは今回のリコール対象となった112台のすべてが販売店と法人で、個人向けがなかったことでも明らかだ。トヨタは第一期として売り出す2000台が即完売となると見ていたが「まったく売れていない」(トヨタ系販売店)という。あまりの不人気さにトヨタのbZ4Xのサブスクリプションを取り扱う子会社が東京、大阪、名古屋でbZ4Xの試乗イベントを実施する予定だったが、これも今回の不具合発覚を受けて中止した。

 トヨタの豊田社長は、EVが走行するための電力が化石燃料で製造している国や地域が多いことや、EVに搭載するリチウムイオン二次電池製造時、大量の電力を使用することなどを挙げて、EVイコールカーボンニュートラルではないと強調してきた。しかし、EVが普及すると系列サプライヤーを維持できなくなることや、技術の遅れからEVで先行するテスラなどにトヨタが太刀打ちできなくなることを恐れての言動だったと見られる。

(文=桜井遼/ジャーナリスト)

【日時】2022年07月03日 05:50
【提供】Business Journal

【📊「やっぱりトヨタのEV開発力は劣っている」初の量産型EVで重大不具合、リコール】の続きを読む


🚨渋谷駅ホームに怒声「山手線止めた」財布落として非常停止ボタンに駅員激怒


渋谷駅ホームに怒声「山手線止めた」財布落として非常停止ボタンに駅員激怒
7月4日午後8時ごろ撮影された映像が、ネット上で物議をかもしていた。渋谷駅の駅員が激怒していたのだ。

■4万円入った財布を拾って欲しい
SNSで拡散されている動画を見てみると…

駅員:「何なんだその態度は」

乗客:「なんでお金取ってくれないんですか」

駅員:「おまえが落っことしたんだろまず」

乗客:「だからなんで取ってくれないんですか」

駅員:「そういう態度なんだよ 取ってくださいって態度じゃねえだろ」

■帰宅ラッシュを直撃
現場は、JR山手線渋谷駅のホーム。多くの乗客が電車を利用する帰宅ラッシュの時間帯だった。激怒のきっかけは、乗客が線路内に財布を落としたことだった。

財布を落とした乗客は、非常停止ボタンを押したのだ。

駅員:「山手線止めてんだぞ」

乗客:「お願いします。取ってください」

駅員:「なんだその態度は てめー」

乗客:「取ってくださいよ本当に。なんで聞いてくれないんですか」

駅員:「その態度は何なんだ」

■「財布に4万円」
乗客:「4万円も財布から出たんですよ」

駅員:「お前高くついちゃってるぞこれ止めてんだからよ」

乗客は、約4万円入った財布を線路内から拾ってほしいとお願いする。しかし、駅員は強い口調を緩めない。

JR東日本は、「危ない場合に強く制止をするという対応はします」としている。


【日時】2022年07月06日 19:01
【ソース】FNNプライムオンライン

【🚨渋谷駅ホームに怒声「山手線止めた」財布落として非常停止ボタンに駅員激怒】の続きを読む

このページのトップヘ